自分の価値観が体の症状の改善を妨げること | こうじのブログ

こうじのブログ

治療をしていて、気になる事をお伝えします。


テーマ:

自分でも気づかないうちに、自分の価値観や考え方が固まってしまうことってあるのではないかと思います。

 

人との関わりでいろんな情報が得られることの影響も大きいと思います。又生まれた年代にっよっても、この価値観が大きく変わると思います。

 

今だったらテレビで得られた情報より更に多くの情報がインターネットで得られることもあって、いろんな情報を知っている方もいると思います。

 

体の事の情報もたくさんあると思いますが、実際にたくさんある情報が本当に正しいのか?実際に現場ではこれは正しい、これは正しくない。ということではなく、今のその方の体の状態によって、これが当てはまる、これは当てはまらない。という考え方が必要なんだと感じます。

 

私は、患者様とお話をしていて、いつもこの患者様の価値観が大きい事も感じます。人によっては西洋医学しか受け入れないようなこともあり、医学的な部分のエビデンスをとても重要視する方もおられます。しかし、病院の検査で何も出ないことがあり。では、これはどう説明すればよいのか?

 

いろんな方のお話を聞くと、この部分の答えを病院側で持っていないことが多く、そのまま患者様が路頭に迷うこともとても多いです。

 

現実は、体で起きている現象を説明するのに、東洋医学的な考え方も必要なことがあります。

 

しかし、ここはその方の価値観ととても関係しているので、ここが受け入れられる、受け入れられない。ということが大きな分かれ道になることもあります。

 

今はまだ、目に目ないことも体に影響していることを受け入れられない方は多いです。昔よりは情報もたくさんあるので、知識としては知っていたり、そんなこともあるんだ。と頭では理解している方は増えていると思いますが、いざ自分のからだのことになると、科学的な根拠がある方法を望む方も多いです。

 

何年経っても自分の体の症状の状態がわからないでいる方もいらっしゃいます。ずーと受け入れられなくて、どんどんいろんな症状が身体で起きていても薬を飲み続けている方もいます。。

 

このような自分の価値観や意識が、体の症状の改善の妨げになる事もあります。受け入れられなければ、その先に行けないので、こちらも強要はできません。

 

一つの考え方として、科学は五感で感じられる人間の感覚器官を元にしているので、この感覚器官で感じ取れないこともあるということもあるということです。目に見えない重力も実際には日常当たり前になっているのか?!あまり感じていませんが体に影響していますし、他の動物を見ればよくわかるのですが、コウモリなんか電波をキャッチしながら夜も木や物にぶつからないで飛行しています。

 

 

人の価値観は人それぞれですから、難しいのですが。。今は今までの常識が通用しなくなってきているので。。こだわりが多いと、とても生きにくくなるのは感じます。このことがストレスを生んでしまう事も多く、、確かに一方でこだわることで迷いを少なるくすることもあるので、猪突猛進できる部分はありますが、今はたくさんの選択肢もありだということも受け入れないと大変な時代だとも感じます。

 

横浜ホリスティック治療室

こうじさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス