自分の事を振り返ること | こうじのブログ

こうじのブログ

治療をしていて、気になる事をお伝えします。


テーマ:

自分のことを振りかえることって、なかなかないように思います。ですが、この自分のことを振り返ってみることが、自分の今の症状を改善したり、これから健康でいる為にも必要なこともあります。

 

誰でも長く生きていると、いろんなことがあると思います。自分がその時何を感じていて、何を思っていたか。思い出すことができないことの方がもしかしたら多いかもしれません。

 

あの時代何をしていたか?たとえば10代の頃、もっと幼い頃の5歳や6歳の頃など、幼くても自分でいろんなことを感じて、思っていたことがあり、しかし実際にそれをうまく表現できていなかったこともあると思います。

 

自分の事でいうと、幼い頃何の不自由もなく育てられ、親とも仲が悪かった訳でもなかったですし、そこまで辛いと感じたこともなかったように思うのですが、今思い出してみると小学生の頃、家族や親に対して何かの違和感のようなものを感じていたように思います。

 

別に虐待があったわけでもなく、親と喧嘩をした覚えもないですが、何かの寂しさのようなものを感じていたように思います。

 

それが何なのか?自分で感じるのは、自分のその時の思いを口に出して話すことで、その時の自分の気持ちに少しずつ気づいていくことがあります。

 

実際に、自分の家族はワイワイと和気藹々といったような感じではなかったように思います。でも仲が悪いわけでなく、個人個人の主張が強かったのか。。今思えば、ワイワイ楽しい雰囲気でもなかったように思います。もっと楽しい気分で過ごしたかったのかなーと思います。それを親戚に求めて、そこで救われた部分はあったのだと思います。

 

自分がもっとこうして欲しかった。もっとこう言ってもらいたかった。何でもいろんなことを話したかった。など、自分の思いが実はそうだったんだ。。と。でも実際には、あの時には言えなくて、子供の頃はこうした自分の思っていることを上手く表現できないことも、一人一人あるのかもしれません。

 

このような幼い頃のことを思い出すという作業が、実際に体の状態を変えることがあります。心と体の関係性は微妙で、この思い出す時期やタイミングも人それぞれあるのだと思います。

 

こうした自分の思いを振り返ることが、自分の感情を開放することになり、本来の自分を思い出し、本来の自分に近づいていけるのかもしれません。

 

横浜ホリスティック治療室

 

 

こうじさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス