自分の体のことを知ること(アメリカでは日本のような癌治療をしなくなったのは) | こうじのブログ

こうじのブログ

治療をしていて、気になる事をお伝えします。


テーマ:

体の状態は本当に自分が気づかないうちに、どんどん進んでいくことがあります。

 

昨日も、体が揺れるという症状で初診の方が来られましたが、10年前は精神的な部分の不安感、何かわからないけど恐怖を感じたり、こうした心部分のことがあり、これらの症状を薬を飲むことで対処されていたようです。

 

しかし、こうした状態を続けていても解決に至らないことがとても多いです。もし、10年前にこの方が正しい情報を知っていたら。。と思ってしまいます。

 

自分の体の状態を自分で知ることが大切なのは、自分でも気づかないうちに自分の体を自分でコントロールできなくなってくるからです。自分は専門家ではないから、わからないから、自分の体のことは医師などの専門家に頼むことは安心かもしれませんが、それでは取り返しのつかないことにもなってしまうことがあります。

 

先日も、旦那様が癌で転移をしてしまい、お問い合わせを頂きました。抗がん剤もされているようで、手の尽くしようがない感じでした。癌という病気は腫瘍という細胞レベルの問題ですが、心の部分のことも関係していることがあります。メンタルのケアがとても大切になってくるといいます。

 

自分の体の状態を日本人は特に知らない方が多いとも言われています。欧米では自分の体のことを勉強して、予防に力をいれています。

一般の方が賢くなって自分の体を自分で守らないといけない。という意識の違いがあります。

 

こうした自分の体のことを勉強することが大切になってきています。

 

 

癌についてのことが下記に詳しく動画であります。詳しくはこちらをご覧ください。

https://www.youtube.com/watch?v=-C64Wkr3Q2c

 

https://www.youtube.com/watch?v=WPEzSORQblU

 

 

一人でも自分の体のことを知ることの大切さを知って頂きたいと思います。

 

横浜ホリスティック治療室

 

こうじさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス