ある外国人の旅で思うこと | こうじのブログ

こうじのブログ

治療をしていて、気になる事をお伝えします。


テーマ:

一昨日から、農家さんのお手伝いに来ています。

 

先月もWWOOFというサイトから農作業を募集している農家さんを検索して、何日間かお世話になりましたが、今回も同様にこのサイトから農家さんにお世話になっています。

 

今回は、千葉県と茨城県のちょうど境の辺り、利根川を渡ると茨城県という県境の場所の住所は茨城県です。農家さんいわく、この辺は「チバラキ」と言うようです(笑)

 

都心からこんな近くに、田んぼが広がる広い田園風景が見られる場所があるとは知らなかったです!

 

今回もお世話になる農家さんには、外国から来られた方がいました。アメリカ人のエバーです。25歳でとても陽気な方です。こちらに来る前に大阪、京都、北海道を旅して、今はこちらにお世話になっているようです。18日まで滞在して、その後、エジプト、アフリカ、ドバイ、と旅を続けるそうです。

 

彼は、「自分はサラリーマン(会社員)になることは違うとわかっているけど、では何がしたらいいのか?それを見つける為に旅をしている」と言っていました。日本がとても気に入ったらしく、日本で生活することも考えているようです。日本で何かの事業をすることも選択肢の一つで、2020年のオリンピックに合わせて、ドバイから又日本に帰ってくるようです。本当に夢いっぱいという感じです。

 

私は英語が殆どできませんが、、なんとかコミュニケーションをすること、普段はしないこうしたコミュニケーションをすることもとても刺激になり、そして楽しく感じます。農家さんいわく、エバーのように自分の夢を探している外国人も多く、私がこちらにお世話になる前にちょうどと入れ違いで韓国の方とタイの方が来ていました。

 

自分の思いや考えを実際に聞けること、又普段こうした方々となかなか出会うこともないので、こうした方々の話を実際に聞けることはとても刺激になります。そして自然溢れる場所で、こうした方々との出会いは、自分としてはとてもリフレッシュになっています。

 

本当に何もない田園風景ですので、夜はカエルの鳴き声が凄いです(笑)これもなかなかない体験ですね。

 

作業はというと、こちらの農家さんは稲作とハウス栽培をされているので、今はナスの収穫の時期にあたり、大忙しの時期でナスの収穫を初めてさせていただきましたが、大変でした。。

 

まだ今回で2回目の農作業体験ですが、だいたい1ヶ月くらいしたら大きなリセット時間が必要だということがわかってきました。自然に触れて、こうしたいろんな方との出会いで、自分の中でいつしか気づかないうちに気分や意識が変わっていることを感じます。こうしたバランスを取り戻しながら生活をすることが、自分にとって今一番必要なのかもれません。










 

横浜ホリスティック治療室

 

 

 

 

こうじさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス