日常の生活に変化が起きることが、症状を再発させる要因になること | こうじのブログ

こうじのブログ

治療をしていて、気になる事をお伝えします。


テーマ:

いろんな慢性的な症状を抱えていらっしゃる方もいます。その中でも慢性的な腰痛に悩まされている方も多いです。

こちらでは、症状が起きる要因を実際に患部(実際に痛い場所や関連した場所)だけのケアだけでなく、現在の症状が起きる要因は何なのか?

そして、今後再発しない為に、普段の生活で何をすれば良いのか?予防する為に何が必要なのか?

こうしたことも診させて頂いています。

しかし、こうした予防や再発しない為の生活のことなどをご提案しても、半年ぐらいすると症状が再発することがあります。


こうしたことが起きるのは、今までとは異なる要因がその方に起きたことで起きます。

要因の殆どが、普段の生活の中で起きる出来事が関係しています。それは、突発的なストレスになる出来事や今までとは異なる自分の状況など。自分の周囲の状況が変わることで影響を受けてしまうことで起きてしまいます。

このような変化が日常で起き、ストレスが自分の許容範囲を越えはじめると、ご自分の以前あった症状が再発することが起きるのは、ご自分の身体の特徴があることが関係しています。

(遺伝的なことも関係があるでしょうし、ストレスの適応性もあると思います。ご自分がストレスを受けた時に起きる関連した筋肉への影響や昔の古傷。といったことも関係していることもあります)

ご自分の体調と普段のストレスとのバランスが関係している方も多いのだと思います。

先日も、ちょうど半年たってから来院された方がおられました。お話を聞くと、離婚をすることになり、その調停を今されていると言われていました。

以前から夫婦間のことは言われていましたが、今年に入りこうした事態になり、毎日強いストレスを感じながら生活をされていたようです。

感情の乱れは、体に影響する大きな要因となります。確かに今は大変だと思います。。しかし、以前にこの方のお話を聞いていたことを考えると、ご自身が望んでいた形になったと思います。しかし今はいろんな感情がおきてしまっているので、仕方ない部分もあります。

感情に支配されてしまうと、自分の状況もわからなくなってしまいます。いろんな感情が渦巻きますから、こうした時に自分の状況を冷静に確認することで、ご自分が実は前に進んでいると気づくことで、楽になることがあります。

こうした日常の変化で起きる感情の乱れが、体に大きく影響することがあります。





こうじさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス