自然と動物の中で生活すること | こうじのブログ

こうじのブログ

治療をしていて、気になる事をお伝えします。


テーマ:
いつも都会にいると気づけないことが、自然溢れる場所にいることで気づけることがあるのだと、今回農業体験をして改めて感じました。

土に触れる、見える景色や風景、草木の匂い、のどかに流れる空気感。

こうした場所にいると、普段都会にいると、いろんなことを考えていたことに気がつきます。それだけ、普段都会にいるといろんな「やらなくてはいけないこと」に気づかないうちに縛られていたのかな~?とか、時間に追われていたのかな?と自分を振り返ります。

日本には四季がありますが、しかし旬のものを頂くことすら忘れがちです、、。農業体験で取れたての無農薬の野菜を農家さんが、畑から取ってきて、それを頂く。こんな贅沢なことは、普段の生活にはありませんでした。。

「柿ノ木の葉、ゆきのした、せり、こごみ、ふき、スナップえんどう…」それら旬のものを頂きました。

こんなに取れたて野菜が美味しいとは、知らなかったです。

こうした経験は、自然の恵みを頂いているんだな―。ありがたいな。と自然に生かされていることを自然と感じられます。

こちらでは、ウサギの糞を肥料にしていますから、動物とも接することになり、土や草木だけでなく、動物とも共存して、命の営みがなされていることが実感できます。

すべての関係があって生かされている。という当たり前のようで、忘れがちな大切なことも感じられます。こうした関係性は、草木だけでなく、動物にも癒されますしね。(ウサギだけでなく、猫にも癒されました)

こうして自分を振り返り、自然と感謝する気持ちが出てくるのは、やはり自然に生かされていることで生まれてくることを実感しました。










こうじさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス