病院の方法以外の方法を知ること | こうじのブログ

こうじのブログ

治療をしていて、気になる事をお伝えします。


テーマ:

自分の体に何が必要なのか?何をすれば以前の体のように良くなる

 

のか?

 

 

自分が体調を崩した時、真っ先に病院に行くことで良かったことが、そ

 

うではなくなってきていることが、今多くの方に起きています。

 

 

そこには、自分の症状の原因が明確になっていないことにあるにだと

 

思います。

 

 

多くの方が、慢性的に体調が悪くなっていることを感じていたとしても

 

(例えば、当たり前になっているような肩こり、腰痛などから、不眠症や

 

疲れがとれないことのような生活は出来るような状態で、日々体で感

 

じているようなこと)、それに対して何が原因になっているのか?今起

 

きている症状の根本原因が多義にわたることもあり(生活習慣から食

 

生活、日々のストレス、過去に事故や外傷があったり、手術をされてい

 

ることの影響、又は幼少期の親との関係のこと‥)

 

 

本当に様々な要因が考えられます。

 

 

こうしたことに対して、病院では難しい状況にあるので、病院では診れ

 

ない部分を補う「代替医療 だいたいいりょう」というものがあります。

 

 

 

代替医療(Alternative Medicine)とは、通常の「現代西洋医学」に代わ

 

る「自然医療の総称」です。具体的には、東洋医学(漢方・針灸・気功

 

など)をはじめとして栄養学、ハーブ(薬草)療法、ヨガ、マッサージ、ホ

 

メオパシー、アロマテラピーなどさまざまな民間療法があります。

 

(Heaith Bith Wach サイトから参照)

※詳しくはこちらからご覧ください


また、「統合医療」というものもあります。

 

「統合医療」は、近代西洋医学と相補(補完)・代替療法や伝統医学等と

 

を組み合わせて行う療法で、多種多様なものが存在します。

 

※詳しくはこちらをご覧ください

 

 


日本ではまだまだ、馴染みがなくこうした病院以外の療法に対して、知

らない方も多いですが、海外では日本と保険制度の違いもあって、海

外では認知されています。


こうしたことへの批判も日本では多いですが、そこには、その方に本当

にその療法が適しているのか?今のお体の症状の原因は何から起き

ているのか?


この部分がハッキリできていないことにあるのかもしれません。それぞ

れの療法は、体で起きている症状の問題を解決することに適していれ

ば、効果はあると思います。


しかし、その自分の症状が起きている要因が何から起きているのか、

わからない為になかなか改善されないということもあると思います。

同時に、今の多くの方の症状には、自律神経の乱れと関係した問題が

多く、現在の状態に至るまで多くの時間がかかって、現在のお体の状

態になってしまっていることも多い為だと思います。


こうしたことが、あると体が自然で良くなる為には時間がかかります。

今までどのような生活を送ってきたかによって、回復するスピードが異

なり、もし薬を長い期間飲んでいる場合は、その影響もあります。


子供の頃のことも、現在多くの方の症状に影響していることも多いの

で、幼い頃からの親との関係のことやどうしたらこうしたことが無くなる

のか?子供と親、それを取り巻く環境の事、それを第三者が客観的に

見ることもこれから必要になってきているのだと思います。とても難しい

部分だと思いますが、こうした何が問題として起きる可能性があるの

か?このことを誰もが知って行かないといけないような気がします。


こうした予防する意識、知識がないと代替医療、統合医療、補完医療

が良いもので、必要がある方がいても、一般的に浸透することも遅なっ

てしまうのもしれません。

横浜ホリスティック治療室

こうじさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス