高齢になっていろんな症状が起きること | こうじのブログ

こうじのブログ

治療をしていて、気になる事をお伝えします。


テーマ:

歳を取って、高齢になってから体調が急に悪くなる方もいます。

 

今は、70代過ぎても若いので、見た目にはそんなに体調が悪いとは、

 

感じられない方も多いのですが、痛みや不眠症、耳鳴り、ふらつきなど

 

の自律神経的な症状を抱えておられる方は多いです。

 

 

本来なら、こうした年代になると、今までの疲れを癒し、ゆっくり自分の

 

ペースで生活をすることが必要な時期だと思うのですが、そうしてはい

 

られない問題があり、ストレスいっぱいな生活をせざるおえない状況に

 

なっている方も多く感じます。

 

 

 

その中でも両親の介護の問題で心身ともに疲れ、又、自分の子供のこ

 

との問題の相談を受けたり、心配でならない状態になっている方もいま

 

す。

 

 

こうした高齢になってからのいくつものストレスは、心身に影響を与え

 

ます。こうしたことは、その時の状況に対応する為に、一所懸命であっ

 

て、こうしたことの体に与える影響がどれだけ心身にダメージを与え、

 

それは自律神経の乱れとなって、心身に影響します。

 

 

 

その表れ方(何かの症状)が、人によって異なり、それが多くの方に起

 

きているのですが、こうした今までの生活の要因や個人的な自分を取

 

り巻く環境に対して思ういろんな感情から、症状が起きてしまうことが

 

あまり知られていません。

 

 

ご自分の症状がもしかしたら今の抱えているストレスにあるのかな。。

 

と何となく感じている方もいますが、病院で自分の現在のストレスのこ

 

とに対して医師も話をお聞きする時間もなく、現実的には自分の症状

 

の原因を細胞レベルのことで病名を付けたり、自律神経失調症、又は

 

心療内科にまわされ、根本のストレスの問題に対して、追究する事は

 

なく、このことが大きな問題であっても、薬を処方され、どうしても薬に

 

依存する形になってしまう方も多いと思います。

 

 

 

この今の医療の現状を分かっていても、どこにも相談する場所がなく、

 

本当に一般の方が求めているものが病院では提供できていない状態

 

になってしまっています。

 

 

 

自分の環境から起きるこうした問題は、今のいろんな社会的なこととも

 

関係していて、今までの経済を優先してきた社会の問題のことも関係

 

しているのかもしれません。それでも自分の健康や体を守る為には、

 

自分でいろんな事に対処する術を身に着けないといけなくなってきて

 

います。このことを肯定的に捉える事も大切になっています。

 

では自分はどういう生き方を良いのか?自分はどういう生活スタイル

 

に変えればよいのか?自分に合った生活とはどんな生活なのか?

 

いろんなしがらみがあると思います。それもふまえて、自分の体や健康

 

はまた別に考えないといけないようになってきている気がします。

 

 

こうした自分の環境の影響は、自分でも気づかけないこともあって、御

 

本人には当たり前のような生活になっていることも、大きな事だと思い

 

ます。

 

 

横浜ホリスティック治療室

 

こうじさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス