外傷が精神的な部分に影響すること | こうじのブログ

こうじのブログ

治療をしていて、気になる事をお伝えします。


テーマ:

精神的なことは、心や気持ちの持ち方など、精神的な部分から変えて

 

行くことが必要な場合と、そうではなく脳自体に何かの影響を与えて

 

いることがあることでも起きることがあります。

 

 

3年前くらいに患者様で、自転車で走行していて、車のわきを走ってい

 

たら、車のドアが急に開いて、倒れてしまい、体や頭を打った方がいま

 

した。その時はそこまでの外傷もなく、レントゲンを撮っても何も骨に異

 

常がなくて、そのまま示談しました。

 

 

その後、首や後頭部、肩の過緊張。それに加えて、日増しに不安感が

 

強くなる事が多くなり、何だか気持ちがソワソワするということが起き始

 

め、来院されました。

 

 

お体をお調べすると、以前このブログで記載した、「硬膜」という脳と脊

 

髄を覆った膜の問題が生じていました。(外傷によって、硬膜が捻れた

 

り、緊張することがあります。)

 

 

当然、その時の精神的なショックもあったかもしれませんが、こうした外

 

傷が、脳に直接ダメージを起こすというより、体の構造的な問題が生じ

 

て、それが間接的に脳に影響し、気持ちや精神的なことの症状も表れ

 

ることもあります。

 

 

身近に何が自分の体や症状と関係することが起きるかわからないの

 

で、いろんな可能性があるということも知ることも大切だと思います。

 

身体と脳の部分の関係で、精神的なことに影響する事もあります。

 

横浜ホリスティック治療室

こうじさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス