事故後の後遺症(硬膜に問題が起きること) | こうじのブログ

こうじのブログ

治療をしていて、気になる事をお伝えします。


テーマ:

車の事故があることは、自分でも予測できないことです。

 

毎日車の運転をしていても、起きることもありますし、もしかしたら自分

 

でもこうした事故を起こすと時は、いつもと違う精神状態や何か焦って

 

いたり、何かの変化があることも影響しているのかもしれません。

 

 

患者様でも、こうした車の事故を起こした方が立て続けに何人か来院

 

されることもあります。ここ最近、こうした方が来られました。

 

 

車の事故を起こした時は、そこまでの影響がなくても、次の日やそ

 

の後に、次第に肩や首、腰などの痛みや張り、しびれ、違和感、又は

 

階段の上り下りで膝の痛みを感じて、やはり事故の影響があるのだ

 

な。。ということになることも多いです。

 

 

こうした時に、レントゲンを撮っても、何も問題がなく、「ストレートネック

 

ですね。」と病院で言われ、その後の承知は湿布薬、痛み止めの薬を

 

渡され、それだけ、、と感じる方もいます。患者様の中でも、こうしたこ

 

とがない限り、外科に行かない方もいて、こうした経験で初めて、自分

 

の体を通して、今の医療の現状を知ることもあります。

 

 

この後、まだ痛みや違和感、しびれがあるけど、どうしたらいいのか?

 

こうした後遺症で悩んでいる方もとても多いです。

 

 

 

 

こうした事故後の影響で大きなことが、「硬膜」という脳と脊髄を覆った

 

膜の緊張やねじれなどの問題が身体で起きていることもあります。

 

 

 

こうした問題は、病院でも事故後の検査対象になっていないこともあっ

 

て、こうした問題があることも知らない方もいます。

 

この問題は、脳と脊髄といった中枢の部分の場所なため、あらゆる症

 

状を起こすこともあります。(痛みやしびれ、張り以外に、めまい、頭

 

痛、体の感覚が以前とことなることなど)

 

 

ここ最近来られた方は、痛みやしびれ、張り感、でしたが、めまいが起

 

きてしまう時は、どこでこの症状を改善すればいいのか?わからない。

 

という状態になり、こうして自分で探すことで、身体の仕組みや事故と

 

様々な症状が起きる関係を知ることもあります。

 

硬膜の問題で外科的な治療が必要になる場合

 

硬膜と頭蓋のことを説明している治療院のサイトです

 

 

自分の体で起きることで、はじめて体のことが病院だけでは難しいこと

 

があることを知ることもあります。こうした状態は、事故後時間がたて

 

ばたつほど、問題を複雑化することもあり(体には補正作用ということ

 

がおきますので)、時間も必要になることもあります。

 

 

こうしたことも多くの方が知っておく必要があると思います。

 

横浜ホリスティック治療室

こうじさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス