お子さんの症状(手の甲の皮膚に起きる症状) | こうじのブログ

こうじのブログ

治療をしていて、気になる事をお伝えします。


テーマ:

少し忙しくしていまして、、ブログの更新ができませんでした。申し訳ありません。。

 

ここ最近、お子さんの施術もすることが増えてきて、小さい小学生くら

 

いのお子さんを施術することもあります。

 

 

言われる症状で、共通する症状に「手の甲に湿疹やガングリオンがで

 

きてしまう肌に表れる症状です。

 

湿疹の場合は、痒くてかいてしまうことで、広がってしまうこと。痒みが

 

なかなか無くならないので、いつもかいてしまい、なかなか治らない状

 

態になります。

 

 

ガングリオンの場合は、痛みは無いことも多いですが、手首を動かす

 

際に痛みが出ることもあるようです。医師から手術もあるが、傷が残る

 

かもしれないということで、余り勧められないようです。

 

ガングリオンに関してはこちらから

 

 

こうしたお子さんの症状の原因を調べていくと、行き着くのは、お子さ

 

んがストレス状態であることです。こんな小さな子供が。。と思いますが

 

、親子の関係で「自分の気持ちが言えないことで、何らかの症状が起

 

きることがあります」その表れが、皮膚に出ることが多いです。

 

横浜ホリスティック治療室

 

 

別に親子の関係が悪いわけではないのですが、お子さんの本当に思

 

ている気持ちをくんであげられれていない状況があることで、お子さん

 

はその気持ちを言えないことで、ストレスになってしまっています。

 

 

お母さんもお父さんも、子供の為に。といろんな思いがあり、習い事の

 

数も多くなり、、お子さんが遊ぶ時間がない。又はお母さんともっと一

 

緒に居たい。と思っているお子さんも多いと感じます。

 

 

お母さんも働いている方も今はほとんどですので、子供との時間も昔

 

よりは少なくなっているのかもしれません。

 

 

こうした影響が、少なからず子供の気持ちの部分に変化を与え、それ

 

が子供でも大きなストレスとなって、体に表れるくらいのストレスになっ

 

ていることもあります。こうした親子のお互いの気持ちの違いが、今は

 

多いのかもしれません。

 

 

大人になった時にこうした影響は出ることもあり、この時期のことが大

 

切だと改めて考えさせられます。

 

 

こうじさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス