周りにいる仲間のお蔭で自分のことがわかること | こうじのブログ

こうじのブログ

治療をしていて、気になる事をお伝えします。


テーマ:

人のことはよくわかるけど、自分のことは余りよくわからないということ

 

があります。

 

 

「あの人は~だ」 「この人はこういう所がある」 こうした人に対して感

 

じることは、誰にでもあると思います。自分はというと、自分のこと、癖

 

のようなものほどわからないです。自分でも無意識にしてしまったり。

 

 

多くの仲間がいる、いろんな個性がある仲間がいて、自分に対してい

 

ろんな見方をしてくれ、いろんな意見を言ってくれる仲間がいることが、

 

本当に有難い事なんだと思います。

 

 

自分を成長させてくれるのは、こうした周りの人がいて、こうした周りの

 

人に感謝すること、そうした思いになれることも周りのお蔭なんだと思

 

います。

 

 

昨日はこんなことをフッと思い、なんで急にこんな思いになったのか?

 

と考えたら、この思いになる前に今やっているピョンチャンオリンピック

 

の羽生選手のインタビューを聞いたからかな。と気づきました。

 

 

何気なく聞いていたのですが、このインタビューの言葉と演技が印象に

 

残っていたのだと思います。無意識にこの時の言葉、演技で感じるこ

 

と、こうしたことが自分に入っていたのだと思います。人に影響を与え

 

るということは、意識で残ることもありますが、本当に記憶に残るといこ

 

とは、こういうことなんだ思いました。

 

人が考えさせられることが一番の気づきを得ることなんだと思います。

 

横浜ホリスティック治療室

 

 

 

こうじさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス