こうじのブログ

治療をしていて、気になる事をお伝えします。


テーマ:

ここ最近の寒さが堪える方は多いと思います。

 

私は水を飲む量が多いので、頻繁にトイレに行くことも多いのですが、

 

ここ最近の寒さもあって、夜中にもトイレに頻繁に行くようになり、これ

 

は水をたくさん飲んでいる影響だけではないと思い、お風呂の温度を

 

1、2℃上げて、長めに浸かり(出たり入ったりでトータル10分以上浸か

 

り)寝るようにしました。

 

 

これが良かったのだと思います。夜のトイレの回数が減りました。

 

自分の体が思っている以上に冷えていて夜の頻尿に影響していたの

 

だと思います。

 

 

こうした体の変化は、年々歳と共に変わっていくことを感じます。今まで

 

の生活の仕方では体の変化に対応できなくなってくることを感じます。

 

いわゆる老化なのだと思います。

 

 

体を温めることが、老化で体の機能が低下したり、ストレス(精神的な

 

事だけでなく、寒さや暑さも大きなストレスです)に上手く適応できなく

 

なってくることで起きる体の変化を元に戻す事が出来ると思います。

 

頻尿のことは、患者様からも良く聞く症状の一つです。薬を飲むことの

 

方が簡単なことかもしれませんが、後あともっと歳を取った時の事を考

 

えると、日々の生活を変えて、自分の体の機能を高めていった方が、

 

自分にとってより良い事ではないかと思います。

 

 

自分が冷えている事は、意外にわからないものです。

 

先日も80代の方が来られ、この前の雪の影響で体が冷え、それがスト

 

レスとなり思っている以上にこの影響が大きく、これが原因で腰痛を起

 

こしていました。歳をとっていくと急激な気温の変化や湿度の変化、気

 

候の変化による気圧の変化に対応しづらくなってきます。ご自分では

 

温めていたようですが、こうした時にはいつもよりお風呂の温度を上げ

 

ることが必要なこともあります。(これは、その方の自律神経の状態に

 

もよるので一概には言えませんが、体を温める事がとても効果的なこ

 

とが多いです)

 

 

これが老化現象でもあります。

 

昨日も60代の方が来られ、この方は糖尿病ですが、やはりこの寒さで

 

副腎の機能が低下していました(これはふくらはぎの部分に出る事が

 

多く、ふくらはぎが過剰に張っている状態になって表れます)

 

 

糖尿病も根底には、自律神経の乱れが大きく関係していますので、こう

 

した気候や環境の変化で、ガクッと体の機能が低下し、病状にも影響

 

することがあります。(この方の場合は、下肢下腿にジンジンした感覚

 

異常が起きて、それが持続的に起きます。糖尿病の方や血糖値が高

 

い方はこうした下肢下腿にしびれのような感覚異常の症状が起きてい

 

ることが多いです)

 

 

簡単なようで以外にされていないことも多い、体を温めることが、自分

 

の体の状態を好転させることもあります。

 

 

横浜ホリスティック治療室

 

ことがあります。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

こうじさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。