世界と日本の違いを知ることから得ること | こうじのブログ

こうじのブログ

治療をしていて、気になる事をお伝えします。


テーマ:

今は何かおかしいと感じる事が多くなってきているように感じます。

 

いろんなニュースにしても、気分が悪くなる情報が多過ぎることや日常

 

でも電車の中や人と関わることにしても、何か違和感を感じることも多

 

くなっていると思います。実際にこうした話を人から聞くことも多くなって

 

います。日々疲れてしまう要因にはこうしたことにもあると思います。

 

 

こうした日頃、自分が感じている違和感は誰にでもあると思います。

 

でもここに自分の思いや大切にしている部分に関係していることがあ

 

るのではないかと思います。

 

 

いろんな価値観が今はあるので、こうしたことを広く受け入れていかな

 

いと、自分が辛くなってしまう事もあると思います。以前、私よりも治療

 

の経験があり、いろんな経験をされている治療師の先生に言われたこ

 

とを思い出すことがあります。

 

「みかんはみかんなので、りんごにはなれない」

 

人もまったく違う個性を持っているので、ある人にこうなって欲しいと

 

思ってもそうならない、ということをこうした例えで話してくださいまし

 

た。

 

 

誰でも自分で意識していなくても、こうあって欲しいと他人に何処かで

 

思ってしまっていることがあります。この意識は強く、しかも無意識です

 

からどうしても思ってしまう。。ということなのだと思います。

 

 

しかし、ここに自分の核となるような部分があり、ここを相手に対して思

 

うのではなく、自分に対しての気づきに変えるようにした方がより、自

 

分を知ることにもなると思います。

 

 

自分の思いや自分の大切にしている部分こそ、その方の個性でもある

 

と思います。

 

 

こうしたことを考えていると、それにさらに気づきを与えるような、周囲

 

の出来事が起きる事があります。

 

 

先日もまったく関係ないビジネスセミナーの動画を何気なく見ていた

 

ら、八木洋介さんという会社の社長さんがセミナーで、これからの会社

 

の在り方や今現代の世界の物事の流れのスピードの速さ、どういった

 

ことが、世界と日本との差を生んでいるのか?

 

 

こうした内容の話をされていました。ここに、自分の違和感を大事にす

 

る事が重要だという話がありました。まさにシンクロシティだなと思いま

 

した。(シンクロシティについてはこちらからご覧ください)

 

 

 

会社でも良く言われる「報告、連絡、相談=報連相」は、もう時代遅れ

 

だそうです。そんなことをしていては、ビジネスに関しての話ですが、と

 

ても今の世界のスピードには追い付かないようです。

 

今は、一つの仕事があったとすると、その仕事を一人の人を信頼して

 

すべてその人に任せる。こうした人材を見つける、又は育成する事が

 

主流のようです。世界は今そうした流れで動き、勝負をしてきていま

 

す。

 

しかし、こうした流れはたぶんビジネスの世界のことだけではなく、す

 

べてのことに関係していると思います。

 

そこには、日本人が今まで余りしてこなかった「自己主張」が大切にな

 

るようです。(もし興味があればこちらがその動画です。)

 

 

私もそう思います。言葉で伝えないとわからないということが現実で、

 

「言わなくてもわかる」「空気を読む」とか、そういうことは、本当におか

 

しなことだと違和感を感じます。日本のこうした風潮は文化かもしれ

 

ませんが、何か病的な印象も受けます。過剰な人への気遣い、人に迷

 

惑をかけないことは当然大切なことです。ですが、人を過剰に意識する

 

ことは、心身を病む要因にもなっていると思います。

 

 

 

こうした事にエネルギーを注ぐことは、自分のエネルギーの消耗に繋

 

がり、そちらに自分が引っぱられてしまうことになります。

 

これは日本の教育の部分の問題かもしれませんが、世界と日本を見

 

比べるとこの違いが良くわかります。まず、気づくことがとても大切なの

 

だと思います。もしかしたら、世界を知ることが、世界を感じる事が日本

 

をより良くする為に本当に大切な事ではないかと思います。

 

 

自分の価値観や世界観が変わることは、こうしたまったく違う部分に触

 

れることにあるのかもしれません。いろんな出来事やいろんな人に会う

 

ことで、ガッカリすることもあると思います。でも、それでも生きて行かな

 

いといけないので、ここの現実と自分の理想、こうありたい自分の葛藤

 

もあると思います。

 

 

 

そこの折り合いをどうつけていくか、現在の自分の気持ちや自分を知る

 

ことが大切なのはその為ではないかと感じます。今すぐにわからなくて

 

も、こうしたこともある、こうした考えもあると知ることからでも、後あと自

 

分が変わっていく糧になると思います。とらえ方を少しずつ変えていくこ

 

とが鍵になると思います。

 

 

自分の思いを知って、今出来る事をして、行動し、もし結果が出なかっ

 

たとしても、そこで間違いだと分かることが大切で、そこですぐに修正し

 

て、実行する。現実に対処するには、この連続なのだと思います。これ

 

は、いろんなことに言えることだと思います。スポーツなんかまさにそう

 

ですね。それには自分の思いや自分の大切にしていることを知ってい

 

ることが、とても重要な気がします。それを自分で知っていることは、大

 

切なことだと思います。ここの差がとても大きいと思います。

 

 

横浜ホリスティック治療室

 

こうじさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス