何の為に今自分は薬を飲んでいるのか?これを知ること | こうじのブログ

こうじのブログ

治療をしていて、気になる事をお伝えします。


テーマ:

「以前は薬を飲んで良くなったんです。でも今回は薬を飲んでもよくな

 

らないんですが、どうしてでしょうか?」

 

こんなお問い合わせを頂くことも多いです。

 

 

「良くなった」という解釈は人によって異なると思います。

 

症状が出なくなったら良くなったということなのか。

 

 

 

体の状態によって、薬の効果というものが変わってきます。

 

ウイルスや細菌などには、抗生物質などの薬が必要ですが、そうでな

 

い場合は、基本的に薬は症状を軽減すること、症状を緩和することに

 

目的があります。しかし、自分の症状がなぜ起きたのか?これがハッ

 

キリしないと間違ったことで、認識されてしまいます。

 

 

自分の症状が薬で出なくなり、良くなったと思えば、治ったと思うこと

 

は、普通な考え方だと思います。

 

 

 

しかし、その後、精神安定剤や睡眠導入剤を毎日のように飲むという

 

ことになっているということは、どういうことなのか?

 

自分の体のことを知っておかないと、自分の主要な症状を起こしてい

 

る問題を解決することを後回しにしてしまっていることになってしまいま

 

す。

 

 

これが、お問い合わせにあった方のような状態になる要因となります。

 

以前良くなったのではなく、緩和していたのだということで、主要な

 

問題はそのままにあったということです。

 

この方は、精神的に大きなストレスが最近あったことで、ふらつきの症

 

状が起きたようです。今回は薬でも治らないので、不安になられたのだ

 

と思います。これが今多くの方に起きていることです。

 

依然と違う体の反応に戸惑ってしまうのです。

 

 

多くがこの最初の時点で、自律神経が乱れており、この時の対処の仕

 

方が大切だったということです。

 

ご自分の症状がなぜ起きたのか?知ることが大切なのはこのような

 

後あと大きな体の乱れを起こさないために大切なことです。

 

 

昨日ブログで書きました方も、血液をサラサラに薬を飲むキッカケに

 

なったのは、エコノミー症候群になったことで、医師に言われ、予防の

 

ために、飲んでいたようです。予防で飲む薬はありません。

 

 

これが、今起きている症状の原因になっていたと思うと、こうしたことは

 

何のために薬を飲んでいたのか。わからなくなります。。

 

 

自分が、自分の体の状態を知ることがとてもたいせつなjことです。

 

 

横浜ホリスティック治療室

こうじさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス