自分を内観すること | こうじのブログ

こうじのブログ

治療をしていて、気になる事をお伝えします。


テーマ:

誰でも一生のうちに、体調を崩したり、鬱のようになったり、一時的に一

 

休みすることは、あるのではないかと思います。

 

 

ずーと 順風満帆のことはなくて、何処かでこうした休む期間があるよう

 

な気がします。 4,5年前くらい前に私もありました。

 

 

でも、この大変な時期は、とてもこんな自分を客観的にみて評価するこ

 

となど出来ないと思います。何がどうなってこうなってしまったのか?

 

自分でもわからない状態になるからです。

 

 

自分の普段の生活で、自分のことを感じる事の難しさというものがある

 

と思います。自分が気づいていないうちに間違った方向にいってしまっ

 

ていることがあるのだと思います。

 

 

歳を重ねるということは、嫌なこと、老化、というマイナスな面ばかり感

 

じてしまうこともあるかもしれませんが、こうしたいろんな経験から自分

 

というものに気づいていく部分もあると思います。

 

 

年配になってくると、体のいろんな所に痛みや体が思うように動かなく

 

なってきて、今まで自分の体がちゃんと動いていたことが当たり前では

 

なかったと感じると実際にお話しを聞きます。

 

 

若い時は、当たり前だと思っていたことが、実は当たり前ではなかった

 

と感じるのは、大切な事でもあると最近感じます。

 

それは、そこから感謝の気持ちが表れてくるからだと思うからです。

 

宗教的なことでもなく、人間として大切な部分でもあると思います。

 

 

なかなか今あることに感謝する事は難しいと思うのは、誰でも今あるこ

 

とが当たり前で、ここに意識ができないことにもあると思います。

 

この感謝の気持ちは、一時的でも自分と周りとの関係や今の自分の

 

状況、状態など、我に返るニュートラルな意識になれるような気がしま」

 

す。

 

 

体と気持ちや感情の関係や体の症状と関係する事がわかると、こうし

 

た自分の気持ちをどう感じるか。この部分が自分が気づかないうちに

 

間違った方向に行かない為に、大切なような気がします。

 

 

その時は、自分でも気づけないこともあるからです。それは、自分でも

 

体に無理をし過ぎてしまったり、何故か体調がおかしい、他人とトラブ

 

ルになったりすること、ストレスを感じてしまう事が多くなること、などの

 

要因には自分が今何を感じているのか、わからなくなってしまっている

 

こともあるのではないかと思います。

 

 

行動や言葉は、自分でも気づいてない部分から出てしまい、自分が少

 

しイライラしていたり、何かに欲が強く出てしまったり、こうしたバランス

 

が崩れた状態を常に、確認する作業が大切なのだと思います。

 

どうしても誰でも欲があり、動物としてこの欲がないと生き残れない本

 

能的な事ではありますが、この部分が行き過ぎないように常に自分を

 

客観視することが、感謝の気持ちを思うことで出来るような気がしま

 

す。

 

 

なかなか難しいですが、これも訓練かなと思います。一日にこうしたこ

 

とを些細な事でも感じてみる事も気持ちの安定、それが体の安定にも

 

関係するように思います。

 

横浜ホリスティック治療室

 

 

こうじさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス