年齢に伴う体の変化、体の異常とホルモンバランス | こうじのブログ

こうじのブログ

治療をしていて、気になる事をお伝えします。


テーマ:

ある年齢になると、体の痛みや張りなど、何らからの体の変化を感じる

 

ことが多くなってくるのではないかと思います。

 

先日も、今までこんなこともなく、肩こりも感じたことがないのに。。とい

 

う60代の女性が今までにない肩の異常で来られました。

 

 

こうした体の変化の多くは、40代からこの変化は起き始め、40代半ばく

 

らいからこの変化は、顕著に表れる方も多いです。

 

 

この方は現在、親の介護で毎月、関東から九州へ介護のために行か

 

れています。この年齢でしかもご自分に持病がある状態は、体に相当

 

なストレスを起こし、それはホルモンバランスを崩す事にもなります。

 

 

この方のように、こうした生活の変化によって起きる体の変化が起きる

 

事があります。その変化の一つとして、肩の動きが悪くなることがあり

 

ます。

 

 

 

よく四十肩、五十肩と言われるような、急に何もしていないのに、肩が

 

上がらなくなったり、動きが悪くなり、肩を上げようとすると痛みが起き

 

る方もいます。

 

 

こうした年齢と共に体の変化が起きるのは、単なる肩関節や肩の周り

 

の筋肉のことだけではなくて、年齢に伴うホルモンの分泌の変化で起

 

きることがあります。

 

 

四十肩、五十肩という名前も、この年齢になるとこうした肩の周辺の症

 

状が起き始めるのは、こうした年齢によるホルモンの変化との関係を

 

表した現象が多くの方に起きていることの表れであると思います。

 

 

当然、肩周辺、特に肩甲骨周辺の筋肉(肩甲下筋、肩甲挙筋、小円

 

筋、棘下筋、棘上筋、菱形筋、大円筋など)こうした様々な筋肉が過剰

 

に緊張して、肩関節の可動域や肩甲骨の可動域を制限しています。

 

 

 

しかし、この肩周辺だけではなく、こうした筋肉が過剰に緊張した状態

 

を起こす要因が、ホルモンの分泌の変化を表す部分である、臀部の筋

 

肉が過剰に緊張している事で、上半身の筋肉と下半身の筋肉のバラ

 

ンスを崩し、結果として肩周辺に問題を起こしていることも、とても多い

 

です。

 

 

上半身と下半身。全く離れた部位の影響が起きる事はとても多く、体

 

の動きとは、腕、足という連動した動きを起こす事が神経経路で繋がっ

 

ていて、双方の動きが相まって、私達はスムーズな動き、歩いたり、

 

走ったり、単純な動きと思うような立ったり、座ったりといった動きなど

 

様々な動きをすることが出来ています。

 

 

筋肉の状態とは、こうした体の内部の状態(臓器やホルモンの状

 

態‥)、又はまったくかけ離れたようなストレスなどの精神的なことも、

 

体の筋肉に影響するのは、筋肉が神経を介したものであることが理由

 

としてあります。その神経は、脳とも繋がっています。ストレスを感じる

 

のは脳ですから。

 

 

こうした医学の領域ではない、体のメカニズムがあるので、私達は特

 

に体を使い過ぎなくても、気がついたら、又はなんか最近体の調子が

 

悪い。。といったことが起きてしまうのです。

 

 

横浜ホリスティック治療室

 

 

こうじさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス