現在の症状が起きるキッカケ | こうじのブログ

こうじのブログ

治療をしていて、気になる事をお伝えします。


テーマ:

様々な症状を起すキッカケというものがあります。

 

人それぞれ、そのキッカケは異なるのですが、多いケースが急な発熱

 

や風邪を引いたような咳や喉の痛みなど、寝込まなくないといけない

 

くらい体調が崩れたことがキッカケになる事があります。

 

 

いつもだったら、その後徐々に体が回復していき、体調も戻ってきて、

 

風邪のような症状もなくなるのですが、このようなことがキッカケで、体

 

がフラフラしたり、めまい感、首の張りを強く感じたり、頭痛、何だかずっ

 

とだるい、耳の閉塞感、耳鳴りなど様々な症状が起き始める事があり

 

ます。この状態が、ずっと続いてしまい、これはどうしてしまったのか。。

 

こうなってしまうと自分の体に不安を覚えるようにもなります。

 

 

 

このような何かのキッカケで、様々な症状が起きることは、以前からの

 

ご自分の生活が関係しています。自分では普通に生活をしていたと、

 

誰もが思っています。ですが、お話を聞くと、自分の何かの症状が以前

 

からあり、それは生活に支障がないくらいの症状で、生活は出来るし、

 

このくらいなら平気だと思っていたような症状を抱えていた方が、殆ど

 

です。

 

 

こうしたことは、多くの方にあることなのですが、このような状態をその

 

ままにしていたりすることで、急な発熱のようなことがキッカケとなり、

 

今までなんとか体がバランスをとっていた状態が、急変することがあり

 

ます。これによって自律神経が変わってしまうのです。

 

 

体はこのキッカケで、体を休ませないといけないという反応が起きま

 

す。このことで、急な様々な症状が起き始めます。これは自分にとって

 

都合が悪いと思うようなことですが、これは「体を休めなさい」という反

 

応でもあります。

 

 

こうでもしないと、体を休めるという意識に誰もならないですし、それだ

 

け体が疲れている状態でもあるといえます。休む期間も自分が思って

 

いる以上に必要なことも多く、長期の休息が必要になる事もあります。

 

今は60代、70代の方も若くて元気なので、自分は大丈夫と思っている

 

方も多いのですが、この年齢のことも関係しており、今までそれだけ無

 

理をしてきたり、多くのストレスを抱えてきたことが、ご自分のお体を

 

日々消耗させていたことが、こうしたキッカケですべて出てしまいます。

 

 

こうしたキッカケで、何かの症状が起きてしまう状態がなかなか回復し

 

ないで、長く続くという状態は、さらに不安にさせ、これが自律神経の

 

乱れた状態を更におかしくします。

 

 

 

この状態でまず必要なのは、こうしたことで自律神経のバランスを崩し

 

てしまう事があり、自分が以前から無理をしていた状態があったこと、

 

こうなってしまうくらいの生活やストレスを抱えていたのだと気づくこと

 

です。

 

 

そして、回復させる為に必要な体の働き(自然治癒する働き、免

 

疫力、代謝能力など)様々な働きが低下してしまっている状態になって

 

いるので、これを回復させる為に何をすれば良いのか?

 

このことが大切になってきます。しかし、この長く続いてしまっている状

 

態は、何かの施しが必要であったり、又生活の中で変える事、生活を

 

変える事、食生活を変える事も必要になってきますので、大きな生活

 

の変換をしないといけない時期にきたことの表れでもあります。

 

誰しもこういう時期はくるので、慌てない事です。それが人によって時

 

期やタイミングが異なるだけです。それを長年薬で何とかしようとか、

 

抑えた状態のままだと、この状態はさらに慢性化してしまいます。

 

 

 

横浜ホリスティック治療室

 

 

こうじさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス