親子の関係が様々な症状を起すこと | こうじのブログ

こうじのブログ

治療をしていて、気になる事をお伝えします。


テーマ:

症状の重い方は、親子の関係の問題を抱えておられる方が多いです。

 

自分の理想の親というものが、誰でもあることも多く、それと現実の親

 

との違いに悩んでいる方もいます。

 

 

特に、子供の頃に親に甘えられなくて育った方は、どうしてもいつまで

 

もこの時にもらえなかった愛情を今だに欲して、そのことだけを今でも

 

思い続けて、こうした思いが親との関係を悪化する要因になることも

 

あります。

 

 

愛情をもらえなかったことで親を憎んで、しかしその反面親に何かをし

 

てあげて喜んでもらいたいとも思ってしまうという、相反する思いに葛

 

藤してしまう方もいます。

 

 

こうした思いは無意識なので、嫌いだという気持ちとは裏腹に行動は

 

親の為にしている事が多く、言葉に出ることも親に何かをしてあげたい

 

という言葉も出て、しかしこの関係性から逃げられない状態になってし

 

まっている。。とても辛い状態です。

 

 

こうした行動と裏腹な気持ちを持ち続ける事は、体の不調にも大きな

 

影響を与えます。

 

 

多くが病院でも原因がわからない症状となって表れて、気持ちと体の

 

バランスが崩れる事で様々な症状が起きることを知っていない為に、

 

薬だけを飲む事になってしまう方もいます。

 

 

こうしたことは、無意識に行動に表れるので、わかっているけど止めら

 

れないということになり、同じ思いをずっと持ち続けることになります。

 

こうした親子の問題は、体の様々な症状の要因になっている事もとて

 

も多いです。もう捨てていい感情は誰でもあって、今までの思いをゴミ

 

箱に捨てるように、捨てる作業も必要になります。

 

この作業が症状を改善する為に必要になります。

 

横浜ホリスティック治療室

 

 

 

 

 

 

 

こうじさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス