年齢によって変わる症状の変化 | こうじのブログ

こうじのブログ

治療をしていて、気になる事をお伝えします。


テーマ:

症状が起きる要因は、様々です。

 

 

肩こりや首の痛み、腰痛、膝痛、股関節痛、頭痛、体の様々な部分の

 

痛みやしびれ、めまい、ふらつき、不眠症、耳鳴り、耳の閉塞感、胃の

 

痛み、便秘、冷え等々こうした症状が複数起きている状態は、殆どが

 

自律神経が関係しています。

 

 

こうした症状を起す要因が自律神経にあり、その要因が普段の生活に

 

ある場合、その生活を変えないと完全に改善されないこともあります。

 

 

こちらにも、こうした普段の生活から様々な症状が起きていることが、

 

御本人も分かっていても、変えられない理由があり、そうした方は定期

 

的に施術をしています。こうした状態は、現状の体をメンテナンスして

 

いくしかありません。

 

 

しかし、年齢を重ねていくと、いよいよ生活を変えないといけない状態

 

になる方もいます。体では年齢により変わるホルモンバランス、自分の

 

身辺では仕事に加えて、家のこと、子供のこと、親のこと、親の介護の

 

こと、家族の問題、人によっては職場の環境の変化、住まいを引っ越し

 

たことなど、様々なことが起きてきます。若い方でも、女性では妊娠、

 

出産を機に症状が起きる方もいます。(これはホルモンバランスとも関

 

係があるので、生活を変える事だけでは難しい事もあります)

 

 

こうしたことが要因となり、今までの生活の仕方では、現状の心身の状

 

態のバランスを取ることができなくなってきます。このようないろんな事

 

があるタイミングと体の症状、状態は関係があります。

 

 

どうしても改善できないと言われる方も多いのですが、いよいよ自分の

 

症状がこうしたことにより強くなったり、複数の症状が起き始め、改善を

 

迫られるようになっていきます。

 

こうした時に大切になるのが、時間の使い方をどうするか?ということ

 

も多いです。

 

 

自分の時間を確保する事も大切になってきます。自分がリラックスでき

 

る時間、自分が何も考えなくてよい何かに没頭する時間、自分が楽しく

 

感じられる時間、ホッとできる時間、このような自分の時間を持つよう

 

にすることが、心身のバランスをとり、ストレスを軽減する為に必要なこ

 

とです。

 

 

朝早く、早朝にこうした時間を取る方もいます。家族がいる方は、朝誰

 

も起きていない時間に一人の時間を持つことをされている方もいるよう

 

です。どうにかして、自分の時間を取れるように努めることも、年齢を重

 

ねていく過程では、必要になってきます。こうしたことが、症状を軽減し

 

たり、改善に繋がることも多いです。

 

 

症状とは、こうした生活の中で起きる様々なやらなくていけないこと

 

が多くなってきて、自分の許容範囲を超えたことから起きる事も多いで

 

す。まずはこうしたことを変えていくことも自分の中で何か一つのヒント

 

になる事もあります。それは気づきを得られることです。

 

 

横浜ホリスティック治療室

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こうじさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス