糖質制限の話 | こうじのブログ

こうじのブログ

治療をしていて、気になる事をお伝えします。


テーマ:

最近、ランセットという世界的にも権威のある医学雑誌に掲載された

 

論文が話題になっているようです。

 

糖質制限が重要だという論文です。

 

「炭水化物の摂取量が多いほど死亡リスクが高まり、脂質の摂取が多

 

いほど死亡率が低下する」という内容です。 詳しくはこちらから

 

 

 

早くもこうしたことに反論や疑問が出ているようですが、こうした新しい

 

情報はいつまでも更新され続けると思います。詳しくはこちらから

 

 

実際にこの糖質制限が、当てはまるかと言うと、又これは違うような気

 

がします。やはり一人一人異なるのが、本当なのではないかと思いま

 

す。ここに記載しているように、糖質制限をし過ぎてしまう危険もある

 

と思います。個人の生活習慣や遺伝、運動、これらも考えた上で、

 

糖質制限をする必要があるのだと思います。自分で少しずつ試して

 

みて、自分に合っているかをまずは確認することが良いかもしれませ

 

ん。

 

 

実際に患者様でも、糖質というより、「白米の摂り過ぎ」「小麦の摂り過

 

ぎ」で体調を崩していることも多いので、糖質というより、普段食べてい

 

る物の量が多過ぎていないか?という事と、個人の遺伝的な要素、普

 

段の生活によること(栄養を摂れているか?ストレスの度合いは?と

 

いったことも関係してきます。特にストレスが普段多いと、自分に必要

 

な栄養素が不足してくることも多いです)

 

 

巷には特に外食をすると、糖質が多くなるので、これも気をつけないと

 

いけないと思います。

 

 

こうした話は、やはりダイエットにも話はいくと思います。従来から糖質

 

制限を主体にしていた方法を推進すしてきた方がにとっては、又追い

 

風になると思います。詳しくはこちらから

 

 

しかし、ダイエットの方法としても、結果が出ているライザップのような

 

方法でも後からリバウンドしてしまった方の話も聞いたことがあります。

 

実際にされた方の話だと、結果が出ても、その後どうしても食べてし

 

まって、、リバウンドしたという話です。

 

 

人によっては、どうしても食べてしまう。。という、自分でもわからないけ

 

どそういう衝動にかられる方もいます。そうした場合は、心理的な部分

 

も関係してきます。そうなるとこの部分も考えていかないといけません。

 

一人一人異なるというのは、こうしたこともある為です。

 

 

横浜ホリスティック治療室

 

こうじさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ