こうじのブログ

治療をしていて、気になる事をお伝えします。


テーマ:

子供の頃の思いを大人になっても、いまだに持ち続けていることが

 

あります。こうした記憶は、自分の夢の実現や大人になってからの自分

 

の大きな原動力となることもあり、良いこともあります。

 

 

しかし、この思いが親に対して強い思いがある場合、いつまでも親に

 

対しての拘りを生んでしまう事もあります。こうした拘りは、いつまでも

 

消えることなく、自身の満たされない思いとなって保持されてしまうの

 

だと思います。どうしても改善されない症状や特異な症状の原因が、

 

こうした親との関係にあることも多いです。

 

 

「自分の理想の親のイメージと現実にそうでない親との間に、ずーと葛

 

藤を抱いていたんです」ということ言葉を患者様から聞いた時に、自分

 

にもそうした思いがあって、結構長い期間、親に会う度に感じていたこ

 

とを思い出しました。誰にも親に対する思いはあるのだと。

 

 

体の症状には、こうした感情の問題が関係することも多いのですが、

 

捨てたいけど、いまだに保持してしまってる無意識に記憶された感情

 

は誰にででもあるのだと思います。特に、親にはこうあって欲しいと思う

 

ことの影響が大きいのは、それだけこの時期に子は親を必要としてい

 

るのだと思います。男の子であれば母親、女の子であれば父親に対し

 

て、という傾向も多くあります。

 

 

こうした親に対する思いが、何らかの体の症状を起すのは、不思議な

 

ことのように思いますが、普段は意識に上っていなくても、親との接触

 

(実際に会ったり、メールのやり取りをした際)があると、これがキッカケ

 

になり、症状が発症してしまうことがなります。多くは分かり合えない。。

 

と思ったことがキッカケになります。

 

 

誰でも親に対する思いがあると思いますが、体に影響するぐらい大きな

 

ことになるのは、幼い頃に自分の強い思いを持つことが起きた出来事

 

があり、その時に自分が思った感情をその時に言えなかったり、言わ

 

ない方が良いと思ったことで、自身の中に収め、記憶に残ってしまうこ

 

とが起きるからだと思います。

 

 

それはとてもストレスになることなのだと思います。ですから、こうした

 

多くの方は、この時の記憶がおぼろげで、人によってはその時期だけ

 

(もし5才ならその時期の記憶)、記憶が空白になってしまっている方も

 

います。ストレスに直面する事を避けるためだと考えられます。

 

 

この方にとって、こうした記憶は、意識に上ると強烈にストレスになるの

 

で、自分で記憶を意識に上られないようにしているようにも感じます。

 

それだけこの方にとっては、ストレスになることだったのだと思います。

 

脳はこうしたストレスを回避する為に、記憶を意識に上らさせないよう

 

にする働きがあるのだと思います。その為、体の症状には、こうした感

 

情を解放することが、必要なケースがあります。

 

 

ご自身では、こうしたことが体の症状を起しているとは思っていない方

 

が殆どですが、先ほどの患者様のように、「自分の親に対する思い」が

 

ずーとあった。。と改めて気づくこともあります。ご本人にとっては、常

 

に感じている事でもありますが、誰にも言わないで自分の中に収めて

 

生活を送っている方が殆どなのだと思います。しかし、自身の体は常

 

にこの無意識の感情に反応していて、この自分の意識と体の反応との

 

ギャップがあることで、体に影響するほど、自分ではストレスとは感じて

 

いないことも多いです。言葉にするとわかりずらいと思いますが、自分

 

では気づいていないことで、体は影響を受けてしまう事があります。

 

(人によっては親に疎外された記憶が強烈にこうした親に対

 

する記憶に残っていて、この思いこの事に悩み、常に意識して親に対

 

しての思いを今も強く持っておられる方もいます。それを自分ではぬぐ

 

いされない為に苦しんでいる方もいます)

 

 

 

感情の解放とは、こうした記憶を思い出すことで、今まで保持していた

 

思いや感情を手放すという作業です。

 

おぼろげな記憶でも、その方のそれが記憶なので、こうした記憶でも

 

思いだすことで解放されます。不思議ですが、その時の思いを思い出

 

すこと、しかも事細かくその時の状況を思う事で解放されます。こうした

 

作業は一人では難しいので、誰かの助けが必要になるのだと思いま

 

す。どの時の記憶なのか?ということが大切になってきますし、又、自

 

分でそこまで意識していなかった出来事がキッカケになっていることも

 

あります。

 

 

こうしたことが、なぜ起きるのか?まだ科学でもわかっていませんが、

 

人間にはこうした脳の記憶の仕組みがあるのだと思います。

 

 

横浜ホリスティック治療室

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こうじさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。