誰でにでも過渡期があって、それはより良くなる為 | こうじのブログ

こうじのブログ

治療をしていて、気になる事をお伝えします。


テーマ:

人生の過渡期というものが、人それぞれあると思います。

 

それが、40代に入ってから起きる事も多いような気がします。

 

こうしたことは、今までの生活を変えないといけない表れだったりしま

 

す。その時は、いろんなことが起きて、ついていない。。とか、

 

なんでこんなに自分に都合が悪い事が起きるのか。。と思ってしまい

 

ますが、誰でもこういったことがない限り、自分を変えられなくて、

 

同じ生活を続けてしまうのだと思います。

 

 

 

私も、43歳の時にいろんなことが起きて、その時は、人生とは辛いもの

 

だと思い、何もやる気もしないこともありました。それぐらいのことが、

 

自分にも起きるとは思ってもいなかったのです。

 

しかし、こうした、いろんな節目節目で有難いことに、助けて下さる方が

 

いて、今ではあの時にいろんなことがなかったら、今現在の自分の

 

考え方や生活の状態、どんな気持ちで毎日送ったらいいのか、

 

そんないろんなことを変えられた時期が、この時期にあったと思ってい

 

ます。

 

 

変化は当たり前で、変化する事が常で、いつでも変化する事を

 

うながされているのだと思います。

 

こうした時は、体調の変化もあり、具合が悪くなることも多いです。

 

気持ちと体が一体だと思うのは、こうした変化の時期にも感じます。

 

こうした時期には、体の症状も伴って起きる事が多いからです。

 

同時に、これは自分の何かを気づかせる為に、起きている事も感じま

 

す。

 

 

変化しない、いつもの慣れ親しんだ普通の生活をしたいと思っていても

 

こうした変化が必要なことが、誰しも起きるものだと、患者様の話を聞

 

いても感じます。こうしたその時は、辛いと思う変化もすべてより良くな

 

っていく為の変化だと、振り返ってみると気づくのだと思います。

 

横浜ホリスティック治療室

こうじさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス