体の状態と個人的な悩みや不安との関係 | こうじのブログ

こうじのブログ

治療をしていて、気になる事をお伝えします。


テーマ:

こちらに来院される患者様は、体の様々な症状で来られますが、

 

患者様の話を聞くと、いろんな悩みを抱えていることがわかります。

 

先日も年配の方(60代)が、どんどん年金暮らしでは難しくなってきてい

 

る。。もしかしたら又働かないといけないかもしれない。。と言われてい

 

ました。長年お仕事を頑張ってきた結果、60代に入って不調を訴える

 

方も増えています。

 

 

 

今まで無理をしてきたことは、わかっているけど、「やらないといけな

 

かった。」という状態を長年続けてきた結果、こうした、いざゆっくりしよ

 

うと思っている矢先に様々な症状を起す方もいます。

 

今現在でも、こうした老後の不安や悩みを抱えている方も多い事を

 

こうした患者様の話で聞くことが多くなってきました。

 

 

体の症状は、こうした長年の無理をした結果起きることと、いろんな

 

悩みや不安を抱えてきた事も関係した、複雑な個人的なことに、

 

食生活、生活習慣を含めた、様々な生活の事が組み合わさって

 

起きることが根本的な要因ではないかと思います。

 

 

 

こうした話は、まだまだ一般的できではないのかもしれませんが、

 

体の症状が起きる過程には、様々な「個人的なこと」が関係している

 

事が、現代の特徴でもあると思います。

 

 

様々な体の症状と個人的な悩みや日常での不満、人間関係

 

など、生活での事との関係が体に影響していることが、事実あることを

 

感じていらっしゃる方もいますが、こうしたことを相談することも、

 

今の医療機関では対応できない状態です。

 

又は体と悩みや人間関係ということが、症状と関係しているということ

 

も医療機関で詳しくお話をしないこともあって、「体と個人的な悩み」と

 

の関係があると思っていない方も多いのではないかと思います。

 

 

こうした個人的なことまで、病院では聞く時間も場所もありません。

 

ですが、こうしたことが、多くの方の慢性疾患を起こし、人によってはこ

 

うした状態が続き、長年の歳月を経て、病院で病気と診断されたり、又

 

は病院でも原因がわからない症状となって体に表れてくることも多く

 

なってきているのだと思います。

 

 

先日のレディーガガさんがご自身の病気(線維筋痛症)の告発をされ

 

たことも、こうした体と個人的な悩みとの関係があることの、一つのキッ

 

カケになるような気がします。

 

 

原因がわからない症状に対する要因の捉え方が、必要になってきて

 

いるように思います。体の症状がこうした個人的なことから起きうる可

 

能性があることを まず知ることが必要なのかもしれません。

 

 

この個人的な事が関係して体の症状が起きるということは、いつ自分

 

がなるかもしれないということも含んでいます。

 

何から体調を崩すのか、御自分の症状がどんなことから起きうるのか

 

。こうしたことを一人一人が考える時期に入ってきているのかもしれま

 

せん。答えは自分の中にあって、自分が自分の体の事も含めて、知っ

 

ていかないといけなくなる時代になってきている気がします。

 

 

横浜ホリスティック治療室

 

 

 

こうじさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス