高齢になっていろんな症状が出始める事 | こうじのブログ

こうじのブログ

治療をしていて、気になる事をお伝えします。


テーマ:

時々出張治療に行くことがあります。

 

どうしても来院出来ない方もいますので、そんな時は相談の上、

 

行くことがあります。

 

 

出張治療に伺う時は、多くがふらついて、外に出られないという方です

 

が、こうした方も多くなってきている気がします。

 

そして年齢が高齢になって、いろんな症状が起き始めたという方も

 

多く、お話を聞くと、「以前はめまいがあっても薬で止まっていた」とか

 

「現在も精神安定剤を飲んでいる」、「睡眠導入剤を飲んでいる」と

 

いったことを言われることが多いです。

 

 

ふらつきや歩行に関する症状がある方で、高齢になって起き始めた方

 

の多くは、こうした長い期間の精神的な薬の服用、睡眠導入剤を飲ん

 

でいたこととも関係することを感じます。逆に、精神的な部分のことが

 

長年あったことが、薬の服用からわかります。

 

睡眠障害もこうした、精神的な部分との関係がある為です。

 

昨日も出張治療に行った際の患者様のお母様とお話をした際、

 

「歳を取ると朝早く目が覚めて、その後眠れなくなることは増えてくるけ

 

ど、今は若い人でも多いですよね。早朝覚醒という言葉なんて昔は

 

なかったのに。。」と言われていました。

 

 

 

ふらつきやめまいが、長年の精神的な部分に根本の要因があることは

 

一般的に言われていないので、こうした精神的な部分との関連がある

 

ことのお話をすると、そういえば、こんなことがあった、あんなことが

 

あった。。とお話をされる方も多いです。

 

 

誰にも言ったことのないご自分の辛い思いや、誰にも言えないような事

 

だと思い、御自分でずーと抱えていた悩みや感情がある方に、こうした

 

症状が起きている方も多いです。ご自分の過去や現在の精神的な

 

辛さがあったことを思い出される方も多いです。

 

 

こうした事とご自分の症状との関連が繋がらないことが殆どです。

 

体の症状と精神的な部分のことは、いまだ一般的になっていないこと

 

もありますし、症状は薬を飲めば治ると思っている方も多いですから

 

こうした薬を使う方法で長年生活してきた方が、今の高齢の方は

 

多いのだと思います。

 

 

 

全然体の事と繋がらないような、「どう歳を取っていくのか」ということが

 

大切だと思うのは、こうした自分の思いや抱えてきたものが、後あと

 

雪だるま式に大きくなっていき、それが体に影響し、体の症状として表

 

れるということを患者様を通して見てきて知ったからです。

 

 

こうした心と体の関係性から起きる症状は、これからもっと多くなって

 

くるような気がします。子供の頃の経験のことも大きく関係するので

 

子供の時期の育てられ方や、この時期の親子の関係性に対する認識

 

を持つことも大切だと思うのは、長い目でみて、こうした症状をなくして

 

いくことのになると思っています。それだけ精神的な部分は根が深い

 

ことも多いです。子供の頃に満たされることが、とても大きいことだと

 

思います。

 

 

横浜ホリスティック治療室

 

 

こうじさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス