自分の体に合わない物があるということを知る | こうじのブログ

こうじのブログ

治療をしていて、気になる事をお伝えします。


テーマ:

食べる物の影響に体に与える影響は大きいです。

 

添加物やお菓子、野菜が少ない食生活、栄養が足りない食事、又は

 

お酒の飲み過ぎなど、こうした一般的に言われている食生活だけが、

 

体調を崩す要因になったり、体の状態を悪くする訳ではありません。

 

 

病院でも原因がわからない症状の方のお体を調べていくと、

 

一般的体に何の影響もないと言われている物が

 

原因で症状を起している事も多く、こうした「いつも食べている物、

 

体に何の害もないと言われている物」が、体調を崩しているのとは、

 

多くの方は思ってもいません。

 

 

 

こうした考えは、余りにも一般的ではないので、信じられないと思われ

 

る方もいますが、こうした「食べる物」に対する体の反応は、とても個人

 

的なことです。それは、自分の遺伝的な要素が関係していたり、

 

自分がその食材が好きな為に毎日のように摂っている物、又はこれは

 

体に良いからといって、毎日摂っている物など、こうした、人によって

 

起きる体の反応が異なることが、実際にあります。

 

 

先日も、油が体に影響している方がいました。(この場合、肉や魚から

 

出る自然の油は問題がないことが多いです)

 

油という調理の仕方によっては、どんな料理にも使われる、「旨味」でも

 

あります。揚げ物、炒めもの、様々な油が現在の体に影響を与えて、

 

一般的に身体に良いと言われている「オリーブオイル」などの植物性

 

100%の物も体に合わない状態にある方もいます。

 

まさか、毎日当たり前のように摂っている油が。。と思うようなことなの

 

で、見方をかえると、だから今まで症状が改善されなくて、病院でも

 

原因がわからないということになってしまっています。

 

 

こうしたことを変えていくには、食生活の見直しが必要になってくるので

 

大変だと思う方も多いですが、昔のような和食にすることに結果的に

 

なります。現在、こうした油が多い為に、女性疾患、子宮内膜症、

 

子宮筋腫、子宮頸がん、といった女性の疾患の要因になっていること

 

も多いです。今とても多い、若い女性のこうした疾患の要因にもなって

 

います。ホルモンバランスを崩す要因となるということです。

 

 

横浜ホリスティック治療室

こうじさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス