8月に入り、更に時間に追われてしまわないように | こうじのブログ

こうじのブログ

治療をしていて、気になる事をお伝えします。


テーマ:

焦ったり、何かに忙しい状況は、体にとっても

 

とてもストレスになります。

 

こうした気持ちが焦る、又は時間に追われてる状態は、

 

疲れる要因にもなります。

 

 

このような心理的、又は肉体的にも、心拍数が上がるような状態は

 

体の肩甲骨の前側の筋肉の過剰な緊張を伴うことがあります。

 

慢性な肩コリが、肩甲骨の状態やその周りの筋肉の状態とも

 

関係していることは、以前から言われています。

 

 

しかし、なぜこのような部分の筋肉が緊張するのか?

 

このような特別運動した訳でなく、そんなに使っていないにも

 

関わらず、なぜ筋肉の状態が変化してしまうのか?

 

こうした肉体への影響は、肉体の問題だけが関係している訳では

 

ありません。

 

 

心理的な焦り、時間に追われているといった、心拍数が上がる状態は

 

心臓の働きとも関係した、心理的な部分が体の働きにも影響する

 

関係性からも起きます。このような心理状態が長く続くと、

 

先ほどお話した、肩甲骨の周辺の筋肉の過剰な緊張を起こす事が

 

あります。多くは肩甲下筋という筋肉の過剰な緊張です。

 

結果、肩甲骨の状態が変化します。

 

(肩甲骨の位置の変化が起き、それは他の筋肉の部分にも影響し、

 

その多くが首に繋がる筋肉、肩に繋がる筋肉を

 

引っ張る形になり、慢性的な肩コリという状態になる方もいます)

 

 

 

 

今は本当に時間の流れも速く、あっという間に一日が過ぎていく

 

気がします。以前より、時間の流れの速さを感じます。

 

今年も、もう8月に入りました。あっという間に夏も過ぎていく

 

気がします。。

 

 

時間に追われて、自分の方向性をハッキリ持っていないと

 

時間に追われ、やらないといけない事に追われてしまって、

 

自分のしたいこと、やりたいことを忘れてしまっている状態にも

 

なりがちです。

 

 

こうした自分の気持ちとは裏腹に、やらないといけないことに

 

自分の時間をさいてしまっていることも、自分の気持ちと体の

 

一体感を崩していることも、肉体には影響します。

 

 

自分の先のことを考える時間を持つことも、大切になってきている

 

気がします。流されてしまわないように、自分の方向性は

 

しっかりと持つことも、体にとって大切なことです。

 

 

横浜ホリスティック治療室

 

こうじさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス