人とのトラブルの要因は自分にあることもあります | こうじのブログ

こうじのブログ

治療をしていて、気になる事をお伝えします。


テーマ:

人間関係のことは、とても大きなストレスになります。

 

自分に起きる人との様々なトラブルは、誰でもあると思います。

 

まさか自分が。。。ということも起きるのが現実です。

 

いろんな人がいるので、それを見極めることも大切なのですが、

 

いつも人間関係で何か起きやすい事があるのであれば、

 

自分の中に何か要因があることもあります。

 

 

こんな時、まず自分が相手に何かしたかもしれないと思う事が

 

大切だと感じます。

 

 

それは、自分で気づかないうちに相手を傷つけていることが

 

あるからです。何かが無いと「事が起きないからです」。

 

自分でも気づいていない行動や発言が、相手に不快な思いを

 

させていることもあります。

 

 

 

こうしたことは、ほとんど無意識なので、自分に非が無いと

 

思うのは当たり前かもしれませんが、実際は火のない所には

 

煙は立たないという言葉通りに、自分にも何かの原因がある事が

 

多いような気がします。

 

 

人との関係は本当に微妙ですので、こうした些細だと思う事が

 

トラブルの元、又は人間関係が上手くいかないことでもあると

 

思います。

 

 

他人の事はよくわかりますが、自分のことは余り気づかないことが

 

多くあります。自分の周りで起きている事に、アンテナを張ることは、

 

こうした、「もしかしたら自分もこんなことしていないか?」

 

ということに気づけるかもしれません。

 

 

人を見て我がふりを治すこと、自分の目の前で起きていること

 

すべてが、自分も気づいていない事を教えてくれている

 

と感じます。いつ自分が、相手を傷つけて、不快にさせているかも

 

しれません。人間関係はこうした人の行動や言葉を聞いて、

 

自分の行動はどうなのか?いつも自分の周りで起きている

 

出来事を観察する事が大切なように感じます。

 

 

何事も相手ではなく、常に自分なんだと思うことで、

 

相手に対しての嫌な感情も減ることもあるかもしれません。

 

 

横浜ホリスティック治療室

こうじさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス