幼い頃の親とのスキンシップ | こうじのブログ

こうじのブログ

治療をしていて、気になる事をお伝えします。


テーマ:

自分でも気づかないうちに、

 

人の影響を受けるていることがあります。

 

 

自分の考え方や個性と呼ばれるものは、

 

元は誰かの影響を受けていて、

 

いろんな人に会うことで、自分が変わったりするのは、

 

こうした人との出会いで自分というものが形成されるからだと

 

思います。

 

 

人との出会いで、最初の人である親。

 

一番の影響を受けるのは、やはり親なのだと思います。

 

自分で気づかないうちに、親の影響を受けています。

 

 

いろんな患者様の話を聞いていて、この親との関係性で

 

大切だと感じる事は、

 

「赤ちゃんの頃や幼い頃に、親からどれだけ多くのスキンシップを

 

されてきたか」ということです。

 

 

言葉ではなく、体に触れて、どんな時もハグされて、

 

抱きしめられて、自分の体からどれだけ愛情を感じてきたか、

 

こうしたことが、その後の大人になってからにとても大きな影響を

 

与えます。

 

 

以外に、こうしたスキンシップを幼い頃にされていなかった方も

 

多く、そういえば自分はそういうことが少なかった‥

 

という方も多いです。

 

 

自分が大切にしてもらえることを身体で感じることが、

 

とても大切なのだと思います。

 

 

 

自分のされてきたことしか、相手にもしてあげられない。

 

ということがあります。

 

 

親との関係が、自分の子供にも連鎖する事が多いのは

 

この事があるからだと思います。

 

自分を大切にしてもらえると、人にも大切にしてあげたいと

 

思うのだと思います。

 

 

 

「自分を大切にすること」って、

 

私もあまり言われてこなかった気がします。

 

「人に迷惑をかけない」「人が嫌がることはしてはいけない」

 

といったことは言われてきましたが、

 

「自分を大切にしなさい」とは、言われた記憶がありません。。

 

 

自分を大切にするという事は、親から自分の気持ちや自分の

 

持って生まれた感性や個性をそのまま認めてもらって、

 

「君のことをすべて受け入れていますよ」

 

ということから次第にわかってくることなのかな?と思います。

 

 

親もいろいろあるし、完ぺきではないので。。

 

自分の感情を子供ぶつけたり、

 

気づかないうちに、自分の育てやすいようにしていることも

 

あるかもしれません。。

 

 

 

体調を崩す要因が、ストレスによることが多いのは、

 

大人になってこうしたことも関係していると感じるからだと

 

感じてます。

 

幼い頃は、親に頼らないと生きていけないので、

 

親の顔色を伺ったり、親に喜んでもらえるようにふるまうことが、

 

生きるすべになっていることもあります。

 

 

他の人より感じやすかったり、感性が敏感で、子供の頃から

 

人のことをわかってしまうと、親の顔色をみて育ってきた方も多く、

 

こうした方が、大人になってストレスを感じやすくなってしまうことも

 

多いような気がします。

 

 

子供の頃に無条件にたくさんハグされることが、

 

何よりも大切で、

 

心底、子供にとっては最高に嬉しい事なのだと思います。

 

 

横浜ホリスティック治療室

こうじさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。