何かに没頭する事 | こうじのブログ

こうじのブログ

治療をしていて、気になる事をお伝えします。


テーマ:

ある話では、鬱を患っている方は、

 

普通の人より、物事を正確に見ているという話があります。

 

そのままを捉えることだけでは、本当に疲れてしまうという

 

事なのだと思います。

 

真面目な人がなりやすいのはそのせいかもしれません。

 

 

一般的には、誰でも都合よく物事を自分の都合よく捉え、

 

そうして出来事を自分なりに誰でも編集しているといいます。

 

そうしてこの先の未来のことも都合よく捉えているようです。

 

そうしたことも、生きていく中では大切なことのようです。

 

 

「なんとかなる。」という気持ちが大切なのはそういうこと

 

なのだと思います。

 

 

しかし、ある部分では、いろんなことを疑うことも大切なことも

 

言われていて。矛盾しているように聞こえるかもしれませんが、

 

こうした両方の考え方を上手く使い分けることが、

 

必要なようです。

 

 

何かを発見したり、人とは違うような自分の個性を持っている方は、

 

何かに対して、それが好きなことであることが多いようですが、

 

徹底的に疑って、こだわって、そうすることで、

 

何かを確信して、それが自分だけの新しい発見に繋がるようです。

 

それがいつしか自分の自信に繋がっていくのだと

 

思います。

 

 

陸上競技の槍投げの選手で日本記録保持者、

 

溝口和洋さんという方は、

 

普通に考えて、当たり前と思われるような、

 

「前を向いてに走る」ことが本当に一番速く走る方法なのか?

 

疑って、「後ろを向いて走る」ことを練習して、結果やっぱり、

 

「前向きに走る方が速い」とわかったのですが。。(笑)

 

その時、溝口さんは、「自分ほど、前向きに走ることが速い

 

ということを知っている人はいない。なぜなら後ろ向きを走ることも

 

したからだ」と言われていたようです。

 

ちょっと普通の考えではないのですが。。

 

当たり前と言われている事でも、徹底的に疑って、

 

初めて、到達できる事があるのだと思います。

 

 

しかし一般的な事でも、

 

こうした何かに打ち込むことが、自分に自信を持たせ、

 

いろんな局面で、気持ちも強く持てるようになるのかも

 

しれません。

 

横浜ホリスティック治療室

 

 

 

 

 

こうじさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス