マインドセットとは? | こうじのブログ

こうじのブログ

治療をしていて、気になる事をお伝えします。


テーマ:

スポーツ業界でマインドセットという言葉があるようです。

 

今はスポーツは、精神的な部分のコントロールが

 

パフォーマンスに表れるということがわかってきて、

 

この心と肉体という部分の研究も進んでいます。

 

 

高校野球の甲子園児の生まれ月を調べた研究があるようです。

 

それによると、4,5,6月の生まれ月の子が多く、

 

これは小さい頃に、野球を始めた頃、3月生まれの子とは、

 

体の大きさも違うようで、この時の運動時の差を感じる事が

 

その子の「自分は野球が上手い」という感覚が生まれるようです。

 

それが、自分の思い込みとなって、実際に野球が上手くなるという

 

ことになるようです。このようなことをマインドセットと言うようです。

 

(この効果は14歳くらいまで強く残るようです。

 

 それ以降この差はなくなるようです。)

 

 

こうした思い込みは、ずーと野球をやる上では、これがとても強固な

 

ものになって、その人の野球に対する意識が実際に

 

この人が野球が上手くなり、結果に大きく影響する事に

 

なるといいます。

 

 

こうしたマインドセットを自分で決めることは、

 

何にでも言えるように思います。

 

 

私は患者様の症状が変わっていく過程を見ていても、

 

これがよくあります。

 

 

患者様が自分がなんとなくでも、良くなると思うと

 

良くなっていくスピードが早くなります。

 

こうした体が良くなることでも、人の思いや自分が本当に

 

それが現実化するという予感というか、それは自分の中では

 

もう確信になっているようなことなのだと思います。

 

 

このような思いがどのようにして持てるか、これは人によって

 

異なるので、それが難しいところではありますが、

 

こうしたことを起こさせるのは、やはり周りがそう信じて、

 

接する事、又は言葉をかける事がそうさせると思います。

 

 

それには、周りが本当にそう思っている事が必要です。

 

ここで周りが「本当に思っている」という事が重要です。

 

そこに嘘があれば、相手に伝わります。

 

 

オリンピックで活躍する選手などの研究でも興味深い

 

研究があります。

 

オリンピックに出るような人は、

 

誰でも同じように努力し、能力もあります。

 

こうした人達に、何が違いをわけるか?ということには、

 

自分を無条件に暖かく迎えてくれたあたたかい指導者に

 

出会ったことが大きかったという研究結果もあるようです。

 

横浜ホリスティック治療室

 

 

 

 

 

 

こうじさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス