病気は長い期間を経て起きるもの | こうじのブログ

こうじのブログ

治療をしていて、気になる事をお伝えします。


テーマ:

ストレスが体に影響することは、

 

どの方でも実際に体験して感じていたり、

 

知識で知っていたり、

 

又は生活していて何となくでも感じていたりすると思います。

 

 

このストレスは、現在の人間関係の精神的なものや

 

時間に追われるといった直接肉体に感じることが、

 

取り上げられることが多いですが、

 

実際に病的になるぐらいに、心身に影響するのは、

 

このストレスの影響が、現在のストレスだけではないことが

 

多いです。

 

 

多くが今まで抑圧してきた感情が溜まってきたことで、

 

現在のストレスに過剰に反応する状態になり、

 

自分でもどうすることもできないくらいに

 

ストレスでいっぱいになってしまう事に要因があります。

 

 

こうしたことは、自分の幼い頃の置かれていた環境が

 

関係している事が多いです。

 

 

その中でも、

 

自分が子供の頃に自分の思いや気持ちを素直に表現させて

 

もらえなかったことが、大きいように思います。

 

親でもいろいろあって、自分でも無意識に子供が自分の気持ちを

 

言えない状況、表現できない状況を作っている事も多く、

 

これに気づいていないこともあるのだと思います。

 

子供は敏感なので、この雰囲気を感じて、

 

言わない事も多いと思います。

 

 

こうしたことが、後あとその子の人生に大きく影響することを

 

知ると、この「子供の頃に自分の気持ちを表現させてあげること」

 

がとても大切な事を感じます。

 

こうした子供の頃のことが、病気に繋がるということを

 

大人がもっと知っておくべきことだと思います。

 

横浜ホリスティック治療室

 

 

 

 

 

こうじさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス