普段食べている物を一時的に減らしてみること | こうじのブログ

こうじのブログ

治療をしていて、気になる事をお伝えします。


テーマ:

普段いつも食べている物の中に、

 

自分の体調を崩す要因になる物があることがあります。

 

日々が忙しかったり、ストレスがあると、

 

どうしてもすぐにエネルギーに変わる物(甘いもの、高脂肪なもの)

 

が欲しくなります。

 

 

これらが無意識に欲しくなり、ついつい多く摂ってしまい、

 

結果、毎日のように摂ってしまっている。。という事にも

 

なりがちです。

 

 

こうして、自分の体にある物が過剰に入ってくることになり、、

 

これが体調を崩す要因になることがあります。

 

 

 

私も自分で、最近 砂糖と小麦の摂り過ぎだと感じて、

 

砂糖と小麦を一切摂らないという生活を1週間しました。

 

お水の量も少なかったと感じていましたので、

 

お水の摂る量も増やしました。

 

 

体に砂糖や小麦がたくさん入っていたのだと思います。。

 

砂糖と小麦を摂らなくなって、すぐに

 

「背中や腰、おしりなどいたる所が、かゆくなりました」

 

「だるく、風邪のような鼻水がたくさん出て、咳も出て。。」

 

(※かゆくなるのは、毒素が体から出そうとしている反応で

  ある事が多いです。)

 

 

このようなことが4、5日続いて、その後何も出なくなり、

 

快調になりました。

 

 

このような自分の体を実験台にすることは、

 

体の働きを知ることにもなり、普段の食べ物の影響が

 

大きいことを実感できます。

 

 

今はファスティングやプチ断食が流行っていますが、

 

普段、自分に多いと思うものを しばらく摂らないように

 

することも体の中を変える事になります。

 

 

やはり、いろんな物を食べすぎていることが多いのだと

 

思います。

 

 

横浜ホリスティック治療室

 

 

 

 

こうじさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス