オンとオフを作ることは病気を未然に防ぐ | こうじのブログ

こうじのブログ

治療をしていて、気になる事をお伝えします。


テーマ:

私達は、普段いろんな情報の中にいます。

 

今はとても便利になり、テレビからメールやインターネットの情報など、

 

いろんな情報がその場にいるだけで入ってきます。

 

 

これはとても便利な事ですが、

 

この状態は、常に身体では交感神経が優位な状態を

 

起こしています。

 

 

多くの方の症状の要因には、このような自律神経の乱れ、

 

とくに「交感神経の緊張」といったことがあります。

 

 

私達はいろんな情報に囲まれ、便利ではありますが、

 

常にこのような情報の流れに自然と巻き込まれてしまうことが

 

あります。

 

 

このことに気がつかないで生活をしていると、

 

気づいたら「交感神経緊張状態」になっている。。

 

ということになってしまいます。

 

 

この流れに流されないように、

 

自分でも「副交感神経を優位にさせる時間」を持つことが

 

大切になります。(リラックスして、いい意味でダラダラする事)

 

 

何も情報が入らない場所に、一時的に身を置くことは

 

とても大切です。よくオンとオフという言葉で言われますが、

 

このオンとオフを意識して作り、上手くこの時間を

 

自分で作ることが誰しも必要だと思います。

 

 

これは、「自分の仕事の一つとして」ぐらいの意識でいるほうが

 

良いかもしれません。

 

やることが多すぎて、やらないといけない事が

 

誰でもあると思いますが、

 

このような流れにならないように、生活をコントロールする事が

 

現代ではとても大切なことです。

 

私は、よく近くの温泉に行くようにしています。

 

何もすることがない時間はとても大切に感じます。

 

横浜ホリスティック治療室

 

 

 

 

 

こうじさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス