気持ちを循環する事が大切な訳 | こうじのブログ

こうじのブログ

治療をしていて、気になる事をお伝えします。


テーマ:

自分が思っている気持ちを話す事は

 

とても大切な気がします。

 

 

誰でも、状況や場面によって、

 

自分の気持ちを言えなかったり、又は言わない方がいい

 

と思って、言わない事があると思います。

 

 

自分の気持ちを言わないことは、

 

今の時代、当たり前で、そんな大したことではないと、

 

思う方もいるかもしれませんが、

 

この自分の気持を言うことは、体の状態を左右するぐらい

 

大きなものです。

 

 

自分の気持ちを言うこと、感情を表現することは、

 

食事をしたり、排泄したり、寝たり‥

 

それと同じようなことであって、

 

人間にとってとても大切な部分であると思います。

 

 

それは、自分の気持ちを言うという事が、

 

常に湧き出る気持ちを吐きだして、

 

次々出る気持ちをたえず流していくこと、

 

このことが、体が血液の循環や食べた物を吸収して

 

排泄するという、 体の機能にとって大切な働きをしていること

 

と同じように、心の部分の循環、

 

自分の気持ちをたえず流していかなくてはいけないこと

 

だからです。

 

 

このように、自分が生み出す気持ちは、血液と同じように

 

止められないもので、それは生理的もののようにも

 

感じられます。

 

 

これが滞ると、身体にも影響し、

 

心と体は繋がっていることを実感することになります。

 

 

気持ちは目に見えない部分ですが、

 

目に見える形で捉えると、脳がそれを起こしている部分で、

 

気持ちの部分も「脳で起きていること」だといえます。

 

 

気持ちを言えない事は、溜まりに溜まってしまうと

 

脳が混乱した状態を起こし、それが実際に身体に

 

影響するということです。こう置き換えると、

 

常に湧き出る気持ちを吐きだして循環する事が

 

大切なことが分かります。

 

 

しかし、今は家族間でも、友達でも、

 

自分の気持ちを言える人や場が、

 

少なくなってきていて、そんなコミュニティーや

 

人間関係がとても大切になっています。

 

このことと体の健康、病気という部分が密接に繋がって

 

います。

 

 

昔はそこまで考えていなくても良かったことかもしれませんが、

 

今は一人一人がこの気持ちの部分を共有する事が

 

体にも影響し、大切なことだと意識しないと

 

行動にも移せない、そんな状況があるのだと思います。

 

そんなことが、余りにも多い

 

世の中になってしまっています。

 

横浜ホリスティック治療室

こうじさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス