現代医学や病院でわからないこともあることを知ること | こうじのブログ

こうじのブログ

治療をしていて、気になる事をお伝えします。


テーマ:

こちらにお問い合わせで多いのが、

 

「自分の症状」が何故起きているか?このご質問です。

 

 

「病院に行けばすべてのことはわかるもの」

 

と思っている方はとても多く、

 

御自分の症状が、「病院の様々な検査で異常ありません」

 

と言われると、とても不安になり、それがお体に更に影響します。

 

 

 

西洋医学も万能ではないという事を知る必要もあります。

 

私達の身体は、部分で分けて理解できる部分と、

 

そうではない部分の関係性で機能しています。

 

 

心や気持ちの部分や東洋医学で言われている

 

体内に流れるエネルギーの部分、そして肉体、臓器などの

 

細胞の部分、これら相互の関係性で、生命が営まれています。

 

 

 

これは、まぎれもない事実です。

 

 

科学で未だわらないとされている、体に流れるエネルギーのことや

 

心や感情などの気持ちの変化は、

 

同じように目に見えない物ですが、

 

これらが身体全体に影響します。

 

 

これらは神秘的なものではなく、私達の生命を説明する為に

 

本来はもっと検証されるべきことだと思います。

 

 

人間の身体は、一つの学問ではわからないことで、

 

様々な方向の学問や考えから検証しないと

 

わからないものだと思います。

 

 

ですが私達は、知らず知らずに ≪教育≫ をされていて、

 

いつしか「こういうもの」という固定観念が出来てしまうのだと

 

思います。

 

 

その為、御自分に起きている症状の原因がわからない状態になると

 

「不安」「恐怖」が先に来ます。

 

西洋医学でわからないこともあることを

 

知る必要もあると思います。

 

しかし現在、新しい科学も生まれています。量子生物学という

 

学問です。詳しくはこちらから

 

体の事がもっとハッキリするのは、まだまだ先かもしれませんが、

 

そういう時代も来ると思います。

 

 

横浜ホリスティック治療室

こうじさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス