ストレスを利用して、病気になりづらい体にすること | こうじのブログ

こうじのブログ

治療をしていて、気になる事をお伝えします。


テーマ:

ストレスは体に大きく影響することは、

多くの方も知っておられると思います。

 

しかし、このストレスは人間にとって

必要なものでもあります。

 

適量のストレスは、私達の眠っている能力を開花させ

人間としての能力もアップさせます。

 

このような本来人間が持っている能力を

高める事が、病気になりづらい体を作ることにも

なります。

このストレスの影響をどのように利用するかで、

本来の働きを取り戻す事が出来るということを

知ることはとても大切なことだと感じます。

 

一番大切なことは、私達人間は今までの進化の過程で、

いろんなストレスを乗り越えてきた遺伝子が

備わっていることを知ることです。

 

医療のやり方も、このような人間の本来の能力、

力をもっと引き出すような方法が必要なのだと思います。

 

日本はエビデンスにこだわりますが、

以前お話した、低線量の放射線による「ホルミシス効果」は

細胞を再生させる効果的な方法で、事例も多くあります。

この分野をもっと研究する必要があると思います。

 

このような方法を

取り入れられれば、体の予防にもなり、

病気でなくても、

もし細胞の働きが低下していた時に、

自らの疲れた細胞を修復し、未然に病気になる状態を

できます。

日常でこのような事が習慣化されるようになれば、

今までの価値観がガラッと変わると思います。

副作用を心配して、薬を飲む事も減るかも知れません。

それは必要のない薬を摂る必要もなくなるということです。

結果、それは老化を遅らせることにもなります。

 

 

このような取り組みのも一つの大きな効果は、

自らの能力を信じる事にもなり、

自分の体は自分で守れるという

生きる力にもなるからです。

 

横浜ホリスティック治療室

こうじさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス