病気にならない為には、普遍的なことを知ることも大切 | こうじのブログ

こうじのブログ

治療をしていて、気になる事をお伝えします。


テーマ:

体の問題は、いろんなことが

関係しています。

 

ですが、何でも原理原則があり、この原理原則から

外れる事で問題は起きるように思います。

 

体に関していうと、

これ以上仕事をやると、身体がおかしくなると

わかっていながら、やらざる負えない。。

仕事だけでなく、いろんな人と関わって仕事をしないと

いけない。。

 

こうした日常のことの積み重ねが、

体に影響していくのですが、こうしたことが、

自分の気持ちや体の限界を超え、

それでも長期間続けることができる方もいて、

それは良いのか悪いのか。。。

できてしまったことで、

後になって心身共にこの影響が残ります。

 

これが、自律神経の問題を起こす要因です。

そして、これが心身に何らかの症状を起こすことに

なります。

 

こういった、体の事を理解することは、

学校で勉強する事と同じくらい、何かの形で

知ることが大切なように感じます。

 

今の時代は、

いずれ大人になって起きるであろう

「このような事態」に対処しないといけない

時期が誰でも来ると思います。

 

最近、いろんな方のお話を聞いて、

農業がその学びの一つの方法だと感じています。

 

普遍的なことの「命とは?」「生きる事とは?」

この部分のことを考える時間が、

今の時代はとても大切なんだと思います。

 

「体験を通じて何かを感じる」という

感性も培われるように感じます。

これが病気にならない為に必要な事だと思います。

 

横浜ホリスティック治療室

こうじさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス