人工知能と真逆な事が大切になる | こうじのブログ

こうじのブログ

治療をしていて、気になる事をお伝えします。


テーマ:

人工知能のテクノロジーが、

これからもっと世界を変えていくと

思います。

各国では癌治療にも使うという

動きもあります。

※詳しくはこちらから

 

とても有名ですが、

イ―ロンマスクという

スティーブジョブスの後を継ぐ

最大の企業家がいます。

 

行動も言動もけた違いの方です。

(すべて実現してきた方なのでとても勉強にはなります)

※こちらをご覧ください

 

※人工知能については、

こちらもご覧ください

 

コンピュータと脳をつなぐという

脳にチップを入れて、脳の機能を

より高めようとすることも

本気で考えているようで、実際に会社も

設立されています。

※詳しくはこちらから

(当然、このことを行き過ぎだと

危険視されている考えもあります)

 

このような超人工知能の流れに

対して真逆の、「より昔からあるもの、

人間の元々ある本質に関係する動き」も

今盛んです。(土、農業、人との繋がりなど)

 

たぶんこの世の中は、

表裏一体、表と裏、陰と陽なので

このような片方が優勢になれば、

その逆のことも起きてくるのだと思います。

本当にたくさんの選択肢が多くなり、

すべてのことに対して、

自分で選択する時代になってくるのだと

思います。

 

それを選択することが一人一人に問われる

ことになり、間違った方向にも行く可能性を

秘めていると思います。

だからこれからは、人間の教育力を

育てること、方法が必要でそれには、

「土に触れること、農業」が一つの方法になる可能性が

あると思います。この本にはその大切さが書いています。

「教育農場の四季(人を育てる有機農園)」

澤登早苗著

 

横浜ホリスティック治療室

こうじさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス