不安や心配を無くすことは病気にならない為に大切 | こうじのブログ

こうじのブログ

治療をしていて、気になる事をお伝えします。


テーマ:

「急に~症状が起きた始めたんです」

と言われる方が多いです。

最近だと、視覚に表れる症状が

多く、病院でも

原因がわからないようで、

すぐにストロイドを出されます。

 

先日も、

「煙がかかったような、雲がかかったような、

白く濁ったように見える」

「点がたくさん見えて、それで視界が

さえぎられる」

という症状で病院に行かれ、

「ぶどう膜炎」と診断されて、

目の炎症が起きる時に、この症状が起きる

方がおられました。

 

ぶどう膜炎はこちらをご覧ください

 

※炎症についてはこちらをご覧ください

 

このような急な体の変化を感じた時、

急な症状が起きた時、

「何もキッカケになることがなかった」と

言われる方も多いですが、

この「ぶどう膜炎」のように、

免疫との関係があります。

 

ぶどう膜炎のように

炎症がハッキリと体で起きているという

ことが分かるものもありますが、

「二重に見えたり」「斜めに見えたり」

炎症が伴わない原因不明の症状がある方もいます。

 

このような「原因不明の目の症状の方」を

お調べすると、精神的な問題がいつも関係しています。

 

この精神的な問題と言っても、

病院で精神的疾患と診断されるようなことでは

なく、人と関係を持つことに不安や心配、

又は苦手な面がある方で、この部分に今まで

向き合う機会がなかったり、できなかったり、

又はこれでいいと思ってきたことで、

ある時、症状を起こすように

なるのだと感じます。

 

そんな心の深い部分を誰でも持っていると

思いますが、その心の部分、感情の取扱いを

間違うと、身体にも問題を起こすのだと思います。

 

人って、日常で意識していない部分でも

何かを感じていて、それは身体にも影響し、

人のそうした意識していない領域が

身体と関係している事を知ることは、大切なことだと

思います。

 

横浜ホリスティック治療室

 

 

こうじさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス