自分でいろんな知識を「取りに行く」ことをしないといけない | こうじのブログ

こうじのブログ

治療をしていて、気になる事をお伝えします。


テーマ:

先日ダイエットに関するセミナーをさせて頂きました。

 

いろんなダイエット法がありますが、

ある方は成功し、ある方は途中で挫折したり、

その時は痩せても後になってリバウンドしたり、

継続できなかったり。。

結果、上手くいかないという方も多いです。

 

これは、ダイエットする前に、

「御自分の体が今どういう状態なのか?」

これを知っておく必要があり、

「御自分の体を知るということ」が

とても大切です。(チェックすることは、

年齢による影響、ホルモンバランス、

腸の状態です)

 

 

このセミナー中、いろんな話が出て、

とても印象に残っていることがあります。

 

それは、皆さんが口をそろえて言われていたことは、

「日本が、本当に安心できない国になり、

自分に必要な知識は、自分で取りに行くことを

しないといけない世の中になってしまった」

という事です。

 

体の事で言うと、「医師は患者の体の事を考えて

薬を処方しているとは思えない、薬の多さ」

(副作用や長く飲む事での体への影響)

 

スーパーなど当たり前に売られている食品の

安全性がわからない事。

(添加物も含めて)

 

食器に関しても、100円ショップで売られている

陶磁器に鉛などの金属が表面にコーティングされている事

(その陶磁器で食材を入れ食べるという事は、

重金属が体に入ってしまう。お子さんがいる家庭では

このことを親が気づかないと、

気づかないうちに幼い頃から重金属を体に溜めてしまう)

 

政治にしても、原発のことなど真実が隠されている事など。

 

今まで、安心していた事や他人任せでいても

良かったこと、実は昔から行われていた事には、

国民が知らなくて、それが今の現状に至っていることなど。

(戦争負けて食事が欧米化した背景にはアメリカの日本をコントロールする政策があったことなど。。)

 

自分の体の事も、

いろんな知識を自分で「取りに行く」ことをしないと

健康でいられない世の中になっています。。

大変な時代です。

 

横浜ホリスティック治療室

こうじさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス