今自分のおかれている状況を知ること | こうじのブログ

こうじのブログ

治療をしていて、気になる事をお伝えします。


テーマ:

60代と70代は、10年という違いがありますが、

この10年のひらきは大きなことで、

体の回復のスピードや身体の反応が

落ちてきます。

 

「老いるスピード」は人それぞれ、

今までの生活をそのまま反映するので、

異なります。70代で体調を崩して

その影響として大きいのは、薬の影響です。

今までの薬をどのくらい服用してきたか

これが大きいです。

 

70代になって、

この事に気づいて体を回復させるには

ご本人の意志が大切で、そして

今、自分のおかれている状況が

どういう状況なのか?

 

この事を知って、必死になることが

必要になります。

 

しかし、歳をとってくると

私が思っている以上に、

身体を動かしたり、気持ちを高めたり

意識と体のコントロールも

難しくなってくるのだと思います。

 

自分の今、おかれている状況を

わかっていても、なかなか行動に移せなかったり

それは性格もあるかもしれませんが、

「老い」とも関係があるように感じます。

 

それだけ、自分が歳をどう重ねていくか?

感じながら生活していかないといけない

のだと思います。

(歳をとった時にどういう状況になっているか、

どういう状況になっていたいか)

 

しかし、他の人から言わせると

生きていく先に何があるかわからないから

そうだったら面白おかしく生きた方が

いいという方もいます。(この場合の

面白おかしくは、歳をとった時の事を

考えないで好き勝手に生きるようなこと)

 

しかし、誰でもいつかは老いるので、

その為に日々何かをしてきたか?

これをやってきたことで、

老いた時の後悔の違いが生じると

言う方もいます。

 

これは生き方なので自分で決める事ですが、

年齢問わず、自分の今おかれている状況は

どういう時期なのか?

何のアクションをするタイミングなのか?

そして、歳をとった時にどうなっていたいか。

 

これを知ることが大切なのだと思います。

 

横浜ホリスティック治療室

こうじさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス