やりたいことが見つからない | こうじのブログ

こうじのブログ

治療をしていて、気になる事をお伝えします。


テーマ:

自分にやりたいことがないと

いう方もいます。

 

私も高校生まで無気力な人間でした。

何もやりたいことがなく、

何をする時が

楽しいのかわからなかったのです。

 

大学に行き、空手を始め、

それが転機になりました。

 

初めて何かをやろうと思ったのが

空手でした。

ここが自分の原点のような気がします。

 

この空手をしようと思ったことは

自分で決めたことですが、

今思えば、高校までいろんな人の話や

いろんな人から聞いた話など、

その当時はどうでもいいと思っていた話の

中に、その後の空手をする

キッカケになる事が無意識に

記憶されていたような気がします。

 

こんなこともありました。

中学生ぐらいに、親戚のおじさんに

自分のしている仕事の話を延々に

聞かされて、その時は本当にめんどくさい

話だと聞いていたのですが。。

 

その後、会社を辞めて自分の進路を

決める時に「自分が興味があり

毎日楽しめる仕事」

がしたいと思ったのですが、

そうした時に、このおじさんのように

自分の仕事を人に楽しそうに話していた

ことを思い出しました。

 

実際は楽しいという感覚の仕事ではなく、

大変なことも多いですが、

自分に充実感を与えてくれる仕事だと

思っています。

 

誰でも自分が経験したことは

(良いことも嫌なことも含めて)、

その後のこと影響し、

自分が気づいていなくても

無意識の記憶に残っていると

思います。

 

それを自分の為に良い方向に

向かわせるのが「思考の仕方」だと

思います。しかし、幼い時にある経験で

自分が気づかないうちに無意識に

記憶されることで、自分の思考の仕方が

決まってしまうことがあり、例えば

 

「こうしないといけない」とか

「こうした方がいいんだ」とか

自分の本当の気持ちから生まれたものではなく

誰かとの関係で思い込んでしまったことに

あるのだと思います。それが、自分の

本当の気持ちを気づけなくなってしまう

(やりたいことがみつからない)

要因かもしれません。

 

横浜ホリスティック治療室

こうじさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス