見えない力とはどういうことか? | こうじのブログ

こうじのブログ

治療をしていて、気になる事をお伝えします。


テーマ:

一昨日の「大相撲春場所・千秋楽」。

横綱稀勢の里の左手が

万全でない中での奇跡の逆転優勝が

話題になりましたが、

 

「自分の力以上のものが最後に出た。

見えない力が働いた」という言葉も

話題になりましたね。

 

あれだけ厳しい真剣勝負の中に

いる人からこの言葉が出たのは、本当に

自然に出た言葉のように感じで、

何か得も知れぬ不思議な気持ちになりました。

そしてなぜか説得力も感じました。

 

目に見えない力とは何か?

 

このような言葉が出る事自体、

昔と今(現代は)は、変わったという

印象です。この言葉を受け入れられる

今の世の中になり、それはもしかしたら

多くの方に何か見えない力が

あるのではないか!?と思っている

からかもしれません。

 

その表れは、多くの方に

パワーストーンが流行っている

ことで分かるように、

もしかしたら、少しずつ見えない力が

あるのだろうという意識の表れが多くの方に

あるのかもしれません。

 

見えない力というと

見方を変えると、「重力」「空気」

「紫外線」もそうですね。

 

日常で見えない力は実際に働いていますが、

科学で証明されている、されていない。

これだけで、そんな不思議な事とは

感じなくなってしまいます。

 

ですが、誰でも一回は、

稀勢の里が言ったように体で感じる事や

体験をしているかもしれません。

 

ただ自分でも何か?「わからないこと」なので、

これは本当にある事なのか?わからないことと

して自分の中で収めているのかもしれません。

 

広く言えば、気心の知れた人たちと大勢で

食事をすることが、一人で食事をすることより

美味しく感じることも、もしかしたら

このような目に見えない事と共通の何かが

あるのかもしれません。

 

稀勢の里の話に戻すと、

稀勢の里 本人はこのような得も知れぬ感覚を

感じて、あるという気持ちがあったので、

稀勢の里は言葉に出したのだと思います。

 

稀勢の里が言った言葉のようなことや、

気持ちの変化なども目に見えないものですが、

これらが科学で分かるようになれば、

世界観がガラッと変わりますね。

 

横浜ホリスティック治療室

こうじさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス