毎朝起きると腰が痛い | こうじのブログ

こうじのブログ

治療をしていて、気になる事をお伝えします。


テーマ:

毎朝、起きると腰が痛いという方が

います。

 

これは、寝ている時の

仰向けになって寝ている状態が

関係していることがあります。

 

このような毎朝起きる度に腰痛を

感じる方は、過去にギックリ腰を

起こした方もいますし、

そうでない方もいます。

ですが、共通するのは、

いつも腰に何らかの痛みや張り、

違和感を普段から感じている方です。

 

この腰の問題は、大腰筋や

腸骨筋といった体に前側にある

大きな筋肉で、主に座っている時、

立っている時などに姿勢を維持する為に

使っている主要な筋肉です。

又、脚を上げたり歩く時にも

使っているとても大切な筋肉です。

 

こちらをご覧下さい。

 

特に、長時間座っている仕事を

している方、車の運転を職業にされている

方に腰痛が多いのは、これらの筋肉の

影響であることが多いです。

 

このような、普段の生活で

大腰筋、腸骨筋を使っている事が多いと、常に

これらの筋肉が張った状態や緊張した状態に

なっていることがあります。

(多くの方が大腰筋、腸骨筋が緊張している

という感覚はないです。ですがとても緊張している。)

 

これは以前

にも記載した、筋紡錘、ゴルジ腱といった

すべての筋肉に分布する受容器に

問題が生じている事の表れで、

この緊張したが持続的にあることが

まず問題です。

 

詳しくはこちらをご覧下さい

 

筋肉は引き伸ばされると緊張する

という性質があります。

毎朝起きて、腰痛が起きるのであれば、

この体の前側にある大腰筋、腸骨筋が

仰向け状態や寝ている時の姿勢によって

長い時間引き延ばされてしまい、

さらに緊張を起こして、腰部の周辺の

筋肉とのバランスを崩し、

痛みが起きていると思われます。

 

横浜ホリスティック治療室

こうじさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス