好きな物を毎日のように摂ってしまうのは | こうじのブログ

こうじのブログ

治療をしていて、気になる事をお伝えします。


テーマ:

食べる物の影響は、御自分でも

気づかないで、

毎日のように同じ物(だいたい好きな物に

多いです)を食べていたり、

飲んでいたりすることが、

習慣化されてしまう事に問題があります。

 

これによって、肩こりや首のこりや痛み、

又は腰痛など、起きる事は昨日お伝えしました。

 

(※肩こりや首こりや痛み、腰痛がすべて、

食べ物の影響ではありませんが、慢性的な状態で

何をしても改善されないような方は、このような

影響が多いです。)

 

合わない食べ物、飲み物の多くが、

「自分が好きな物」に多いことが、

とても興味深いです。

 

好きな物だから毎日でも食べたいという

ことだと思われるかもしれませんが、

日々感じていることを 意識している、

意識していない関係なく同じ物を摂って、

ストレスを軽減していることがあります。

 

お酒を大量に飲んで解消している、

甘い物を摂って解消している、

人によってはコーヒーを一日に

7杯、8杯摂っている方もいます。

 

このようなことが、毎日のように続いていると

いつしか体の許容範囲を超えてしまうのだと

思います。それが何故か神経に作用して

筋肉に反映されることになります。

 

これは、どのような経路で起きて神経に作用

しているのか?これはハッキリとは

わかっていませんが、仮説としては、

体には同調作用するということが

あることが関係しているようです。

 

細胞内の情報のやりとりをしている

細胞を覆っている「基質」という膜が、

細胞間のやりとりを促す中心的な部分で、

これによって、体に入ってくる影響は、

細胞と細胞の情報の伝達作用によって、

同調作用が起きるのではないかと

言われています。これが神経に作用する

ようです。

 

少しの影響も体にとっては、

影響があり、しかしそれに適応する能力が

誰の体にもあることで、

すぐに影響しないのだと思いいます。

一言で言うと、「ストレスに適応する能力」

です。

これは、遺伝的な特徴、生活習慣、

又は肉体的、精神的ストレスの度合い

(精神的な部分は思考の仕方、傾向にもよります)

によって変わってきます。

 

これが、食の嗜好という形で表れるのは、

無意識の行動だからです。

 

横浜ホリステイック治療室

 

 

こうじさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス