慢性疾患を改善する為に大切なこと | こうじのブログ

こうじのブログ

治療をしていて、気になる事をお伝えします。


テーマ:

今は病院でも原因が分からない症状や

体調に波があり、

体調を崩すやすい傾向のある、

慢性的な状態にある方が多いです。

 

このような方々が、

症状の改善ヘ向かう為に、とても大切な

ことがあります。

 

それは、症状を起こしている問題を

共有して、今起きている症状の問題が

何故起きているか?どうして起きたのか?

この事の意識のすり合わせを、

施術者側と患者側ですることです。

 

起きている症状に対して、患者様が

どのような認識で、どんな思いがあるのか、

これに施術側から提案できることは何か、

ここから、お互いが改善する為に

同じところ(目標)を見て、

意識での方向性を一致させることが大切です。

 

このようなことが大切になるのは、

人によっては、「御自分の症状を

こちら(施術側)から見た見解より、

意識の部分でズレがある事がある為です」

 

患者様が今のお体の状況を大変だと思って

おられても、どれだけ「ヤバい」

「このままではいけない」と思えるか

これによって、改善に至るスピードが

変わります。

 

このような辛い症状を抱えた方々が

改善する為には、

体に直接施術をすることより、

生活習慣を変えたり、

食生活を変えたりする事が

メインの治療になることがとても多い為、

このご本人の意識が大きく関係します。

 

ですから、この生活をどれだけ早く変える事が

出来るか?これが焦点になることも多いです。

 

人によってはいろんな理由をつけて

なかなか食生活や生活を変える事が

出来ない方もいます。

 

意識の共有が大切なのは、ここに

個人的な「出来ない理由」があったり

するからです。

 

この問題が、「感情に問題」です。

これは自分で解決することが難しい為に

今まで同じ行動を起こしてしまい、結果的には

今の生活を変えられず、

今のお体の状態を作ってしまった事とも

関係しています。

 

生活を変える事は容易でないです。

だからこそ、それを変えるには、

御自分の症状に対して、どれだけ

「このままではいけない」と思えるかという

危機感、意識の変換が今必要なことが多いです。

しかし決断すれば、この変化の流れが加速します。

 

横浜ホリステイック治療室

こうじさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス