ふらつきは誰でも起きうる体のサイン | こうじのブログ

こうじのブログ

治療をしていて、気になる事をお伝えします。


テーマ:

自分の日常の変化を感じることは、

とても大切です。

 

私達の体は、常に環境に適応する為に

様々な機能を使って対処しています。

いつも安定した体の働きを行えるのは

自律神経が常に(起きていても

寝ていても関係なく)、

正常に働いているからです。

 

その働きの変化に気づく事が、

大病に至らない為、又、辛く長引く

酷い症状を起こさない為に、大切です。

 

この変化を感じるのが、

仕事が終わった後や何かホッとしたり、

起床時など、リラックスしている時に

多いです。

 

自律神経の副交感神経(寝ている時、

食事後、何かボーとしていて

のんびりしている時など

リラックスしている時に働いている

自律神経)が、優位な時に

起きやすいです。

 

仕事終わりに「あー疲れたなー」

と思った時など、

急にめまいが起きる方もいます。

 

よくあるのが、最初「回転性のめまい」が

起きて、立っていられないぐらいの

症状で、その後、しばらく横になって

いると症状が落ち着いて、

その後、病院に行ったけど、

特別異常がなく帰宅。

(このような状態でも、病院にも

何処も行かないで、そのままに

している方もいます。。。)

 

その後、何日か、又は何ヶ月後に、

フラフラしたり、フワフワしたり、

という状態(動揺性のめまい)が

起きて、立っていても、座っていても

横になっても、落ち着かないで、

これが持続的に起きるようになる。

 

このような体の変化は、

とても多く、自律神経が乱れてしまった

結果起きてしまいます。

 

これは誰でも、起きる可能性のある

ことで、ここまで至るまでの

体の変化(肩や首の張り、度々起きる頭痛など

日常で当たり前とっなっていること。。。)

に気づいて、体を休めたり、自分の生活を

振り返って、今までの生活はどうであったか?

考えることで、生活をこの時点で改められたら

回避できることでもあります。

 

ここまで至るのは、相当な無理をしている

というサインですから。

 

横浜ホリスティック治療室

こうじさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス