老化する経路は様々 | こうじのブログ

こうじのブログ

治療をしていて、気になる事をお伝えします。


テーマ:

誰でも老化していきますが、

70歳くらいになると、これをとても

実感するようです。

 

今までは、いろんな日常で起きる事

(仕事やプライベートなど)で、

どう対処するか、すぐに体が反応して、

頭でそんなに考えなくても

行動に移せて、対応できたことが

じっくり考えないと出来なくなって

きて、自分の衰えに驚いたと

言われていた患者様がいました。

 

この体が反射的に対応することは、

慣れている事やいつもしていることで

あれば、日ごろあまり考えないでも

出来ているので、若い時は

感じませんが、これが老化ということ

なんだと思います。

 

こんな話もあります。

ある年配の患者様が、

急にだるくなり、

咳もないが、熱があるような、

風邪のような状態で、

体調が悪くなり、

数日間寝込んでしまいました。

 

これは、ここのところの気温が

下がっていることで、体がこれに

ついていけなくて起きた体の

変化でした。

 

御自分で思っているより、

体が冷えていることで起きるのような

免疫力の低下も、老化現象の

一つです。

 

70代といっても、今はお若い方も

多いのですが、

やはり、この老化という現実を実感する

と誰でも心配になります。

 

これが老化というものですが、

人によっては、薬害の影響も大きく、

薬による免疫力の低下もあります。

 

息苦しいという症状を

起こす方がいますが、この症状で

病院に行き、薬を処方され、

しかし、いっこうに良くならないで

その後、何十年も経って、自分が薬害であるという

ことに気づく方もいます。このような様々な

老化の経路が、人によって異なるのは、

生活環境により、歳をとってきて、日常人に会うことが

減ってくることも大きく関係するようです。

そのような外に出るという行為は、

必然的に体を動かし、脳への刺激になるの

だと思います。

 

横浜ホリスティック治療室

こうじさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス