眠れなったり、寝つきが悪いこと | こうじのブログ

こうじのブログ

治療をしていて、気になる事をお伝えします。


テーマ:

今の体の状態と気持ちの変化は、

関係していることが、とても多いです。

 

生きている中で、何かの変化が必要な時が

あります。

 

その気持ちの変化に対して、

すぐに順応したり、

すぐに行動に移し変えることは、

難しいのが当然です。

 

変化を促されるようなことが

度々自分の周囲に起こると、

そうしないといけない、変わらないといけない

とわかっていながら、

なかなか変えられないことがあります。

自分の中で葛藤が起きたりしますし、

それに意識で気づいていないことも

あります。

 

それが、体の状態に

表れる事があります。

よくあるのが、昨日も書いたような

肩こりや首の張り、背中の張りなどの

体の緊張であったり、痛みで起きる事も

あります。夜中や朝方のだいたい決まった

時間に、痛みや張りで目が覚めることが

ある方もいます。

 

「昔は夜寝るとぐっすり眠れて、

夜中に目を覚ます事なんかなかったけど、

大人になったら、よくあるんだよ。

眠れなかったり、寝つきが悪かったり

。。。」友達と話していて、

こんな話も良く聞きます。

 

こんな事は誰でもあるかもしれませんが、

何度も何度もあると、

いつしか当たり前になって、

そんなに気にならなくなってきます。

 

このような、眠れなかったり、

寝つきが悪かったり、することが

起きるのは、

自分で無意識に感じていることが、

体の状態に反映されて、

起きる事があります。

 

このような反応が起きるのは、

自分でも気づいてないこと、

又はいつも気になっていること

に要因あり、それは自律神経に

影響を与えます。

 

このような体の反応が、

体の痛みや張りだけでなく、

めまいや頭や体の揺れなど、平衡感覚

の異常として表れる事も多いです。

痛みやこのような症状も、自分で気づけない

何かを気づくことで、改善されることが

多いことを目の当たりにすると、

不思議ですが、こんな意識の部分の問題で

症状が起きて、何かを気づく為に

体で症状が起きていることも

あるという事なんだと思ってしまいます。

 

横浜ホリスティック治療室

こうじさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス